【J1採点&寸評】大分0-1G大阪|宮本采配がズバリ的中!MOMは交代出場で制空権を握った“爆撃機”

【J1採点&寸評】大分0-1G大阪|宮本采配がズバリ的中!MOMは交代出場で制空権を握った“爆撃機”

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2020/10/18
No image

抜群の高さで決勝弾を叩き込んだパトリック。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

No image

【警告】大分=なし G大阪=なし 【退場】大分=なし G大阪=なし 【MAN OF THE MATCH】パトリック(G大阪)

No image

大分らしさで相手を苦しめたが、1点が遠かった。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

No image

【警告】大分=なし G大阪=なし 【退場】大分=なし G大阪=なし 【MAN OF THE MATCH】パトリック(G大阪)

[J1リーグ23節]大分0-1G大阪/10月18日(日)/昭和電工ドーム大分

【チーム採点・寸評】
大分 6
狙い通りに後方から試合を組み立て、サイドで起点を作った。CK、決定機の数は相手を上回ったがゴールだけが足りなかった。最後のクオリティの差が明確になった試合だった。

【大分|採点・寸評】
GK
1 ムン・キョンゴン 6
セットプレーから失点したが、責任追及することはできない。決定機を防いだ場面も複数回あった。

DF
3 三竿雄斗 6
身体を投げ出しシュートを阻止するなど奮闘。後半途中からウイングバックに入り、高い攻撃性も見せた。

5 鈴木義宜 6
48分に高尾のシュートをブロックしたシーンが印象的。カバーリングも秀逸で、攻撃参加する場面もいつもより多かった。

29 岩田智輝 6
1対1で劣勢になる場面はなく、判断の良い攻撃参加と正確なサイドチェンジで攻撃のアクセントをつけた。
19 星 雄次 5.5(70分OUT)
右サイドとのバランスを取る動きは悪くはなかったが、相手の脅威となるような攻撃ができずに終わった。

49 羽田健人 6(82分OUT)
持ち味の高さ強さを発揮。つなぎのパスもスペースの使い方も良かった。セカンドの回収率も高かった。

MF
7 松本 怜 6
同サイドの岩田と攻撃を組み立て、多彩なクロスでも幾度とチャンスを作った。存在感を示した試合だった。

40 長谷川雄志 6
パスの狙いどころや展開力、ボールの動かし方には好感。攻撃の形を作る意識は感じられた。
MF
11 田中達也 5(82分OUT)
後半に再三の決定機を決めいてれば違う結果になっていた。決定力不足に得点機逸が多く低評価に。

FW
27 三平和司 5.5(82分OUT)
もはやニコイチの伊佐と共に相手を引き出し、スペースを作り出す黒子役に徹したが、身を結ばなかった。

18 伊佐耕平 6(82分OUT)
シュートゼロは忍びないが、献身性は十分で、前線で走り回り、競り合いにも臆さずタメを作って起点となった。
交代出場
DF
41 刀根亮輔 5.5(70分IN)
三竿を高い位置に押し上げた守備範囲の広さは評価。失点の場面はパトリックの高さと迫力が上回った。

MF
10 野村直輝 ―(82分IN)
与えられた短い時間で長所を発揮。83分に島川へのスルーパスを通すが得点につながらなかった。

MF
4 島川俊郎 ―(82分IN)
83分のゴール前のシーンでパスを選択は致し方なし。アディショナルタイムに訪れた決定機は決めたかった。

FW
9 知念 慶 ―(82分IN)
一矢報いようと精力的にゴール前を動き回った。決定機はあったが決めきれなかったのは残念。

FW
31 髙澤優也 ―(82分IN)
決定的な仕事への関与はなし。同じ時間に出場した3選手はなんらかの印象を残したが、不完全燃焼に終わった。

監督
片野坂知宏 6
攻撃の形も狙い通り。結果は伴わなかったが十分評価できる試合内容だった。82分の4枚替えも悪くはない采配だった。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

【J1第23節PHOTO】大分0-1G大阪|宇佐美のドンピシャCKからパトリックが豪快ヘッド!粘り強く戦ったG大阪は8戦負けなし!
【チーム採点・寸評】
G大阪 6
7戦負けなしの勢いはなかったが、悪いなりに試合を進めた。狙いのセットプレーを得点につなげるあたりに勝負強さを感じた。

【G大阪 採点・寸評】
GK
1 東口順昭 6.5
59分に田中と1対1になるが見事にブロックしたほか、何度か訪れた強襲をセーブし得点を与えなかった。

DF
27 髙尾 瑠 6.5(90分OUT)
78分に田中のシュートをスーパークリアするなど無失点の貢献度は高く、48分の決定機を決めていれば間違いなく最高得点だった。

13 菅沼駿哉 6
今季3試合目の出場ながら落ち着いてプレー。決定機を与える場面はあったが無失点抑えたことは評価できる。
19 キム・ヨングォン 6
菅沼と初めてCBでコンビを組んだが連携に問題はなかった。伊佐との激しいバトルを繰り返し、粘り強く守った。

14 福田湧矢 5.5
対峙した松本に高い位置をとられ対応にやや苦戦。後半も守備に重きを置かざるを得なかった、無失点に貢献した。

MF
8 小野瀬康介 5.5
前半は守備の時間が長かった。後半はギアを上げ、ゴール前に顔を出す場面が増えたが、大仕事をまでは及ばなかった。

15 井手口陽介 6
48分に高尾へ見事なスルーパスを通したが得点につながらなかった。カバーリングやポジショニングも良質だった。
10 倉田 秋 6(90+3分OUT)
17分のペナ内でのハンドでゴールは取り消されたが、サイドに留まらず流動的に動き回り、ゴール前での崩しの形を作った。

29 山本悠樹 5.5(65分OUT)
51分のゴール前の混戦時では、するりと駆け上がりシュートを狙ったが惜しくも枠外。攻守でそつのない働きだった。

FW
9 アデミウソン 5.5(65分OUT)
シュートの意識は高く、決定機に繋がりそうな場面では力を発揮したが、守備での貢献は少なかった。

39 渡邉千真 5.5(HT OUT)
ボールに触れる回数は少ない中で起点になろうと試みたが、ボールを収めるまでには至らず前半で交代。
交代出場
MAN OF THE MATCH
FW
18 パトリック 7(HT IN)
攻撃の流れを一気に変えた。制空権を掌握し、常に脅威となった。得点シーンは爆撃機と化した。

MF
21 矢島慎也 5.5(65分IN)
67分に倉田とパトリックとの3人で崩す場面を作った。積極的なプレーを見せたが得点にはつながらなかった。

FW
33 宇佐美貴史 6(65分IN)
質の高いプレーを見せた。CKから質の高いボールを蹴り込みアシスト。しっかり自分の仕事をした印象。

DF
36 松田 陸 ―(90分IN)
足をつった高尾に代わってピッチに立った。時間が短く評価要素はなし。

MF
30 塚元 大 ―(90+3分IN)
アディショナルタイムでの出場。時間が短く評価要素はなし。

監督
宮本恒靖 6
試合前の予想通りセットプレーが勝敗を分けた。交代のカードを切ったパトリック、宇佐美が結果を出し、采配的中。

【J1第23節PHOTO】大分0-1G大阪|宇佐美のドンピシャCKからパトリックが豪快ヘッド!粘り強く戦ったG大阪は8戦負けなし!

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

取材・文●柚野真也(フリーライター)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加