ベトナムで「日本語学校入学金」詐取疑い 中国人逮捕

  • 産経ニュース
  • 更新日:2020/11/20

ベトナム国内で語学留学生を募り架空の日本語学校への入学金を詐取したとして、警視庁組織犯罪対策1課は20日、詐欺などの疑いで、中国籍の会社役員、趙(チョウ)清龍容疑者(36)=東京都豊島区東池袋、別の詐欺容疑などで逮捕=を再逮捕した。調べに対し「黙秘します」と供述している。

同課によると、複数の人物が協力してベトナムで留学の勧誘をしていた疑いがあり、趙容疑者はグループの中心人物とみられる。趙容疑者らが管理する架空会社名義の口座には、平成31年2月から3月、ベトナム人の男女41人から計約4180万円が振り込まれており、同課は関連を調べている。

逮捕容疑は、共謀して31年3月5日、杉並区内で架空の日本語学校関係者を装い、留学を希望する親族の代理で訪れたベトナム人の女性(26)に「入学金などを支払えば留学できる」と嘘を言い翌6日、趙容疑者らが管理する口座に計72万円を送金させ、詐取したなどとしている。

趙容疑者は、専門学校の入学試験の受験料名目で現金を詐取した疑いで、今年10月に逮捕されていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加