巨人原監督「岸田の方が使い勝手ある」小林抹消説明

巨人原監督「岸田の方が使い勝手ある」小林抹消説明

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/10/18
No image

DeNA対巨人 7回途中、畠を降板させてベンチに戻る巨人原監督(撮影・山崎安昭)

<巨人6-10DeNA>◇18日◇横浜

巨人原辰徳監督(62)が、2軍降格となった小林の抹消理由について説明した。「もうひとつ本来の小林に戻っていなかった。まだ時間はあるからというところ」と話した。

今季、小林は6月21日阪神戦で死球を受け、左尺骨骨折で登録抹消。9月18日に1軍復帰を果たしたが、21試合に出場し、18打数1安打、打率0割5分6厘と苦しんでいた。代わって昇格した岸田は小林の離脱中、1軍で打率3割2分、4打点と結果を残していた。原監督は「チャンスを渡しても、いい結果がでなかったというところが、3番目のキャッチャーであるならば、岸田の方がはるかに使い勝手はある。総合的な部分で」と説明した。

この日、小林はイースタン・リーグ日本ハム戦の試合前練習に参加し、打撃練習などを行ったが、同戦への出場はなかった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加