【札幌10R】3歳アンティシペイトが3連勝 武豊「まだまだ良くなりそう」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2020/08/01

札幌10R・阿寒湖特別(2勝クラス)は武豊騎乗の1番人気アンティシペイト(牡3=国枝、父ルーラーシップ)が2番手から抜け出し、そのまま押し切った。未勝利から3連勝を飾り、クラシック最終戦の菊花賞に向けて注目の存在となりそう。

鞍上は「ハナに行けたらいこうと思ったが、番手でも競馬はできた。2周目の3角から手応えは良くなかったが、力で押し切ってくれたね」と評価した。今後は未定ながら「まだまだ良くなりそう」とコメント。

当レースを制した3歳馬にはステイゴールド(97年)、マンハッタンカフェ(01年)、ファインモーション(02年)などがおり、今後の活躍が期待される。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加