NYマーケット7営業日ぶりに反発 ダウ平均3万2196ドル66セント ナスダック1万1805・00

NYマーケット7営業日ぶりに反発 ダウ平均3万2196ドル66セント ナスダック1万1805・00

  • FNNプライムオンライン
  • 更新日:2022/05/14
No image

週末13日のニューヨーク株式市場は、7営業日ぶりに反発して取引を終えた。

ダウは前日まで6営業日続落したため、値ごろ感でIT大手のアップルやマイクロソフトの買いが優勢に。

また、ロックダウンが続く中国・上海市が今月中旬までに新規感染者0人を3日連続達する目標を発表したことを受け、中国の景気悪化への懸念が和らいだ。

結局、ダウ工業株30種平均は前日の終値より466ドル36セント高の3万2196ドル66セントで取引を終えた。

一方、ハイテク株主体のナスダック総合指数は続伸し、434・04ポイント高の1万1805・00で取引を終えた。

国際取材部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加