女子ゴルフ“新ヒロイン候補”馬場咲希の鋼のメンタル「見られながら打つのがたのしい」

女子ゴルフ“新ヒロイン候補”馬場咲希の鋼のメンタル「見られながら打つのがたのしい」

  • 週刊実話Web
  • 更新日:2022/09/23
No image

(画像)Roman Samborskyi/Shutterstock

ファンの目、マスコミの目。その重圧につぶれてしまったプロスポーツ選手は、ごまんといる。メンタル面がプレーに大きく左右するゴルフでは、特にそうだ。

しかし、「令和の新女王」は、そんな緊張感さえ楽しみに変えていた。

【関連】渋野日向子“姉妹競演”だけじゃない!注目すべき「プロアマ美人姉妹」とは?ほか

9月16日から始まった女子ゴルフツアー「住友生命Vitalityレディス東海クラシック」では、開幕前からドラマがあった。

「17歳の女子高生にくぎ付けでした。彼女が移動すると、約30人のマスコミが付いて回り、終始シャッター音が鳴り響いていました」(専門誌記者)

主役の女子高生とは8月の「全米女子アマチュアゴルフ選手権」で優勝したニューヒロイン、馬場咲希だ。

日本選手が同大会を制したのは、37年ぶり。インタビューにも笑顔で応じ、多くの視聴者をとりこにした。

一躍、時の人となった17歳の凱旋試合ともなれば、マスコミが大挙して押し寄せるのも当然のこと。それにウンザリする選手はたくさんいたが、彼女は違った。

3年ぶりに有観客開催となることを聞かれると、

「人に見られながら打つのは楽しいです。今はプレッシャーより、楽しみな気持ちの方が強い!」

と、ニッコリ。鋼のメンタルを持っているようだ。

「開幕前日、集中力をより必要とするパターの練習中も、そうでした。四方をカメラに囲まれても全然平気でした」(同)

プロになるのはいつ!?

馬場は全米アマ優勝後、都内の通信制高校に転校した。ゴルフに比重を置くためだが、プロ転向の正式な時期は明らかにしていない。当面は女子高生のまま頑張っていくようだ。

「名古屋の知人にご当地のおいしいものを教えてもらったとかで、『大会後、食べに行く』とも話していました」(関係者)

ご当地グルメを楽しむ余裕があるなら、全国ツアーも乗り越えられるだろう。

「175センチの高身長から繰り出すドライバーショットには、目を見張るものがあります」(前出・専門誌記者)

明るさとプラス思考では、シブコこと渋野日向子とも共通するものがある。緊張感を楽しめるとは、17歳ながら末恐ろしい怪女かも?

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加