スラムダンク奨学金第10期奨学生、鍵冨太雅が2022-23 シーズンに茨城ロボッツ入り

スラムダンク奨学金第10期奨学生、鍵冨太雅が2022-23 シーズンに茨城ロボッツ入り

  • 月バス.com
  • 更新日:2022/08/07

茨城ロボッツが、2022-23シーズンに向け鍵冨太雅との選⼿契約合意を発表した。鍵冨は4歳から11歳までをニューヨーク州で過ごし、ネイト・アーチボルド、ケニー・スミス、クリス・マリン、エルトン・ブランドなどNBAで活躍したスーパースターの数々を輩出したAAUクラブ、リバーサイド・ホークスに所属していた。福岡大学附属大濠高校2年時にはインターハイ優勝、ウインターカップ準優勝を達成した。

高校卒業後はFIBA U19ワールドカップ2017で歴代最高の10位に勝ち上がったU19日本代表の一員にも選ばれていた。卒業後はスラムダンク奨学金で渡米し、セントトマスモア・スクールを経てNCAAディビジョン3のボウディン・カレッジに所属。直近の2021-22シーズンはシニアとして26試合に出場して平均8.2得点、4.7リバウンド、1.3アシストのアベレージを残した。

No image

#24 鍵冨太雅

■ポジション:G

■身長/体重:195cm/89kg

■生年月日:1999年3月8日(23歳)

■出身地:東京都

■出身校:福岡大学附属大濠高校→St. Thomas More School→Bowdoin College

■経歴:2022- 茨城ロボッツ(B1)

■主な受賞歴・戦績

2015 FIBAU16アジア選手権第4位

2016 FIBAU18アジア選手権準優勝

2017 FIBAU19ワールドカップ10位

スラムダンク奨学金第10期奨学生

2021-2022 NABC Honors Court Recipient

<コメント>

茨城の皆さん初めまして、鍵冨太雅です。ルーキーらしくエネルギーのあるプレイを見せると共に自分の強みであるスマートなプレイで勝利に貢献出来るよう頑張ります。応援よろしくお願いします!

<マーク貝島GMコメント>
若くてポテンシャルのある選手がロボッツに来てくれました!
ロボッツのバスケスタイルを体現してくれる選手だと思います。アンダーカテゴリーの代表経験もあり、大学でも留学生の日本人として数少なくプレータイムをもらって活躍していました。実力、伸びしろ含め楽しみな選手です!

なお、鍵冨との契約によりロボッツは2022-23シーズンのロスターが確定した。

(月刊バスケットボール)

月刊バスケットボール

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加