朝乃山 提出された引退届は未受理 日本相撲協会は誓約書の提出求める

朝乃山 提出された引退届は未受理 日本相撲協会は誓約書の提出求める

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/06/14
No image

朝乃山

日本相撲協会が11日、臨時理事会を開き、夏場所直前、新型コロナウイルス対策ガイドライン違反となるキャバクラ通いが判明した大関朝乃山(27)=高砂=の処分を協議し、6場所出場停止の厳罰を決めた。6カ月の報酬減額50パーセントも決まった。復帰は22年名古屋場所で三段目への降下が濃厚だ。

また、理事会は朝乃山と、師匠の高砂親方(元関脇朝赤龍)に関して、コンプライアンス委員会の答申通り処分を決定し、高砂親方については3カ月の報酬減額20パーセントとした。

朝乃山については引退届が提出されていたが、今後、程度を問わず協会に迷惑をかける行為をした場合には、預かっている引退届を受理すること。また、そのことを了承する旨の誓約書を提出することの2点を条件として、今回は引退届を未受理とした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加