マンUに激震! 英サッカー協会がC・ロナウドを不適切な暴力的行為で告発。少年の“スマホ破壊事件”が該当と現地報道

マンUに激震! 英サッカー協会がC・ロナウドを不適切な暴力的行為で告発。少年の“スマホ破壊事件”が該当と現地報道

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2022/09/24
No image

FAから告発を受けたC・ロナウド。(C)Getty Images

マンチェスター・ユナイテッドは9月23日、所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、FA(イングランド・サッカー協会)から告発されたと発表した。

「クリスティアーノ・ロナウドは、2022年4月9日(土)に行なわれたマンチェスター・ユナイテッドのプレミアリーグ・エバートン戦後に起きた事件により、FA規則E3違反の罪で告発された。試合終了のホイッスルが鳴った後のフォワードの行動は、不適切かつ/または暴力的だったと指摘されている」

ユナイテッドは、「我々はロナウドに関連するFAの発表に留意しつつ、その告発に関してプレーヤーを支持する」と続けている。

【動画】C・ロナウドが少年のスマホを叩き落とした衝撃シーン

ユナイテッドは具体的な中身に触れているわけではないが、英公共放送『BBC』などが報じているように、これが当時大騒動となった“スマホ破壊事件”を指しているのは明らかだ。

C・ロナウドは4月9日に行なわれた敵地でのエバートン戦に0-1と敗れた後、ドレッシングルームに引き上げる際、エバートンファンの14歳の少年、ジェイク・ハーディング君のスマホを地面に叩きつけ、破壊した。

被害者となった自閉症があるジェイク君の母親サラ・カリーさんは、「息子は傷つき、完全にショックを受けていた。本当に腹を立てており、また試合に行くのを嫌がっている。最初のサッカー観戦で、こんなことが起こった」と怒り心頭。少年の手が赤く腫れた写真も公開した。

C・ロナウドは自身のインスタグラムで、「カッとなったことをお詫びしたい。可能であれば、このサポーターを(ユナイテッドのホームスタジアムである)オールド・トラフォードでの試合に招待したい」と謝罪した。

これにサラさんは「あの謝罪は、私たちに向けてのものではなかった。少なくとも私の息子に対するものではない。それに怒りを覚えた」と憤慨。地元紙『Liverpool Echo』にユナイテッドから連絡があった事実を明かし、「ひどい扱いで、正直に言うと事態はさらに悪化した」とコメント。オールド・トラフォードへの招待は断ったと明言していた。

また先月には、ロナウドはこの一件で警察から警告を受けている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【画像】母親が公開した赤く腫れた被害少年の手

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加