ヒルトン東京で“魔法使いの学校”スイーツビュッフェ、呪文ケーキやほうき風菓子など20種

ヒルトン東京で“魔法使いの学校”スイーツビュッフェ、呪文ケーキやほうき風菓子など20種

  • 女子旅プレス
  • 更新日:2022/08/06

【女子旅プレス=2022/08/06】東京・西新宿のヒルトン東京では、「魔法使いの学校」をテーマにした秋のスイーツビュッフェを、2022年9月9日(金)~11月17日(木)までの期間限定にて開催する。

No image

(写真 : 「魔法使いの学校」秋のスイーツビュッフェ/画像提供:ヒルトン東京)

【写真】渋谷「ディズニー・ハーベスト・マーケット」バーガーやアフタヌーンティー楽しめるカフェ&ギフトショップ

◆ハロウィーンシーズンにぴったりな魔法仕掛けのスイーツ20種類

今回のビュッフェでは、ハロウィーンシーズンを盛り上げる魔法が詰まった20種類のマジカルスイーツに加え、シェフが目の前で切り分ける「ローストチキン ドライトマト・プルーンソース」や、下級生魔法使いが執事としてトレーサービスする海老クリームパイ「ヴォローヴァン」など10種類の食事を用意。

上級魔法使いのほうきをイメージした「意志あるエリート・ブルーム」は、ヘーゼルナッツのダックワーズにサクサクのプラリネフィアンティーヌとメイプル風味のミルクチョコレートを合わせ、ダークチョコレートで作るほうき風アレンジが印象的。

鮮やかな紫色でたっぷりのブラックベリーを冠した「密約タルト」は、ラベンダー風味のカシスクリームに、キャラメルより濃厚なタフィークリームを合わせ、蝋封印をイメージした。

マロンコンフィを忍ばせたバニラ風味のチョコレートババロアの上に、イタリア産マロンクリームで魔女の帽子をイメージした「オナーズウィッチの証明」、瀬戸内レモンのレアチーズムースの上に焦がしオレンジとはちみつゼリーのクラッシュ、更にチョコレートのレースでまわりを覆った「死者の魂を鎮めないレクイエム」、ザクロの酸味をうつしたキャラメルシロップで煮込んだリンゴが入ったアーモンド香るパンドジェーヌ「新入生を歓迎しないりんごケーキ」、リ・オレのババロアをスペキュロス風味のムースで包み、中に杏子とオレンジのコンフィーやミラベルプラムを配した「ホームシックの新入生に贈る呪文ケーキ」など、バラエティに富んだスイーツが並ぶ。

その他にも、フレッシュ無花果をたっぷり冠し、クローブが隠し味の「優等生しか食べられないケーキ」、キャラメリゼしたはちみつのムースをエアリーなチョコレートで包み、胡桃、アーモンド、ヘーゼルナッツやピスタチオがの風味が香ばしい「古のソネット」、マスカットとヴェルヴェンヌのジュレ「錬金術試験の願掛けエナジードリンク」やカラフルなウォーターゼリーを浮かべたピンクグレープフルーツ風味の紅茶のショット「飲めば間違いなくどこかへ行くぞ」などのグラススイーツも勢揃い。

◆ライブ感のある演出で視覚から楽しむスイーツも

“魔女工房”のライブステーションでは、パティシエが出来立てスイーツに魔法のようなエフェクトを忍ばせるユニークな仕掛けも。

口に含むと煙が出る「モクモク・ロリーポップ」、和栗とイタリアン栗のブレンドで作る極細の「一筋縄ではいかないモンブラン」に加え、魔法陣のチョコレートを冠したむスイーツや、焼き鏝でジュっと印をつける「親愛なる焼き鏝ケーキ」など、シェフのライブ感あふれる演出にも注目だ。(女子旅プレス/modelpress編集部)

■『魔法使いの学校』秋のスイーツビュッフェ概要

期間:2022年9月9日(金)~11月17日(木)

営業時間:2:30pm~5:30pmの3部制

料金:¥5,000(土・日・祝日は¥5,800)※税金、サービス料を含む

場所:東京都新宿区西新宿6丁目6-2ヒルトン東京「マーブルラウンジ」(ヒルトン東京1F)

情報:ヒルトン東京

【Not Sponsored 記事】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加