ベッドはどこに置く?ワンルームの家具レイアウトアイディア

ベッドはどこに置く?ワンルームの家具レイアウトアイディア

  • RoomClip mag
  • 更新日:2022/08/06

今回は、ベッドの配置を中心にして、ワンルームの部屋のレイアウトをご紹介します。テレビやベッド、最近では仕事のためのワークスペースなど、空間を分けるのは難しいですよね。部屋の広さや置きたい家具、生活習慣も、人によってさまざまです。みなさんのアイディア満載なレイアウトを、ぜひ参考にしてみてください。

ベッドを壁にそわせる配置

まずは、ベッドや他の家具を壁にそって配置するレイアウトをご紹介します。この配置だと窓を塞がないので、ベランダへの出入りがスムーズになります。また、大きな家具が部屋の真ん中にないので、部屋の中の移動もしやすくなります。

落ち着いた色合いでまとめて

No image

撮影:seriさん

すっきりとした印象のseriさんのお部屋。ベッドやテレビ、チェストなど大きめの家具がありますが、壁沿いに並べられているので視界が邪魔されず、広々と見えます。中央のテーブルもガラス板になっているので、圧迫感がありません。ネイビーやグレーで色合いもまとめられていて、落ち着く空間ですね。

光を取り入れるナチュラルなお部屋

No image

撮影:peanutsさん

peanutsさんのお部屋は、ベッドとテレビが壁にすっぽり収まっていて窓が遮られていないので、外の光が全面的に入って明るいです。どの家具も高さが低めなので、部屋が広々としていますね。窓辺でゴロゴロ日向ぼっこがしたくなるお部屋です♪

テレワークおすすめの配置

No image

撮影:Kurehaさん

シンプルモダンなKurehaさんのお部屋。左側はデスクや本棚などワークスペースに、右側はベッドとテレビでリラックススペースに、真ん中を通路にしっかり分けられています。ところどころに配置された観葉植物が、部屋全体を癒やしの空間にしてくれています。

北欧家具でシンプルに

No image

撮影:akhrn5さん

まるで海外のアパートメントのようなこちらのお部屋。akhrn5さんはお気に入りのテーブルや棚など高さのある家具が置かれていますが、全体的に物が少なく白でまとめられているので、圧迫感を感じません。窓からの風を感じられそうな、爽やかなお部屋ですね♪

ベッドを窓側にそわせる配置

続いては、ベッドを窓にそって配置する実例をご紹介します。長方形や正方形のお部屋が多いかと思いますが、ベッドを窓側に置くことで、部屋の手前の空間を広く使うことができます。ソファなど置きたい方には、おすすめのレイアウトです。

テーブルを中心に家具を配置

No image

撮影:mさん

やわらかな照明がムーディーなmさんのお部屋。モノトーンでまとめられたお部屋に、ベッドやテーブルの木の風合いがアクセントになっています。ベッドのほかテレビやソファー、ドレッサーなどいろいろな家具が真ん中のテーブルを中心にうまく配置されていますね。リラックスタイムをゆったり過ごせそうな素敵なお部屋です。

絶妙な家具配置のお部屋

No image

撮影:Takahoさん

男前インテリアでまとめられた、Takahoさんのお部屋。テレビはベッドからもソファーからも見ることができますが、ワークスペースにもなるデスクからは見えづらいという、絶妙な配置です!デスク以外の家具の高さがそろえられているのも、すっきり見えるポイントです。Takahoさんのセンスが光るレイアウトです。

北欧ナチュラルで癒やしの空間に

No image

撮影:Har_さん

Har_さんのお部屋は北欧ナチュラルで統一されて、優しい雰囲気ですね。手前にはソファや大きめのクッションなどが置かれていて、ゆとりのある空間になっています。リビング空間から少し離れてベッドが配置されているので、落ち着いたおやすみ時間を過ごせそうです。

ベッドを部屋の手前に持ってくる配置

最後は、ベッドを部屋の手前に配置する実例です。ベッドを窓から離すことで、外気の影響を受けない利点があります。また、リビング空間が窓側になるので、窓への動線を確保できたり、リビング自体も明るくなるメリットがあります。早速、見てみましょう。

冬は窓から離して

No image

撮影:roomxxmstさん

木の風合いが落ち着いた雰囲気を醸し出している、こちらのお部屋。roomxxmstさんは、冬になって寒さ対策のために模様替えをしました。ソファーやテーブル、ベッドを窓から離すことで、窓からの冷気を直接当たらないようにしつつ、窓からの光を無駄なく取り込める、ナイスなレイアウトですね♪

仕切りをつくっておこもり感

No image

撮影:sis0さん

sis0さんはベッドを手前に配置し、くつろぎスペースとの間に棚を置いて空間を仕切っています。2面に窓があるため、窓際はとても明るそうですね。音響設備の整ったテレビでくつろぎタイムを楽しんだあとは、棚のおかげで少しおこもり感のあるベッドでゆっくり休めそうです。

ホテルのようなベッドの配置

No image

撮影:AKIRAさん

部屋に入ってすぐにベッドという、ホテル仕様に模様替えしたというAKIRAさん。プロジェクターや浮かせる本棚などが使われていて、本来場所を取りそうな家具がありません。その分大きなテーブルを置くなど、空間の使い方がとても上手ですね。鏡が壁にあると視界が抜けて広々と感じられるのも、真似したいアイデアです♪

ベッドの位置が変われば、生活もがらりと変わります。ワンルームのお部屋レイアウトはまるでパズルのようですね。みなさんの実例を参考に、自分だけのお城づくり楽しんでみませんか?

執筆:naoha2

RoomClip mag

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加