「走る竜」が全開だ 大島&高松の俊足コンビが足でかき回し、中日が2点を先制

「走る竜」が全開だ 大島&高松の俊足コンビが足でかき回し、中日が2点を先制

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/06/12

◇交流戦 西武-中日(2021年6月11日 メットライフD)

No image

<西・中(1)>3回無死二塁、大島の適時打で生還した中日・高松は笑顔を見せる(撮影・西尾 大助)

中日は「足の力」で2点を先制した。

3回、先頭・高松が中前打で出塁すると、続く大島の打席で二盗に成功。大島の中前打で生還し、先制のホームを踏んだ。

その大島も続く堂上の打席で二盗に成功。堂上の右前打で三塁に進み、最後は高橋周の中犠飛で2点目のホームを踏み「先に点が取れて良かったです」と笑顔を浮かべた。初回、2回は併殺打でチャンスをつぶしていただけに、俊足コンビが相手バッテリーを足でかき回して奪った得点の意味は大きい。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加