パパの育児力はどのくらい?生後半年の赤ちゃんと半日のお留守番はできる?

パパの育児力はどのくらい?生後半年の赤ちゃんと半日のお留守番はできる?

  • ママスタセレクト
  • 更新日:2021/09/16
No image

パパとママは、同じタイミングで親になり、どちらも初心者。なのに特に子どもが小さいうちは、子育ての負担はどうしてもママのほうが大きくなりがちです。パパと子どもが2人きりで過ごす時間が増えるのは、月齢が進んでからかもしれません。ママスタコミュニティにも、パパの育児力に関する質問が寄せられていました。

『皆さんの旦那さんは、生後半年の完ミ(完全なミルク育児)の子どもを半日お世話できますか? うちの旦那は無理みたいです。大事な予定があって、子どもを旦那に頼んだら、「連れていって」と言われました。「子どもがいるといろいろ動きたいけど動けない」って……。あり得ないと思ったけど旦那ってそんなものですか?』

1日だって平気だよ!お留守番慣れしたパパたち

この質問には、「お留守番は余裕だよ!」という回答が。お留守番慣れしたパパたちが多いようです。

『余裕。私が入院したとき、3歳の息子と6ヶ月の息子を余裕で見ていた』

『うちは普段からやっていたから余裕』

『産後2ヶ月のときに私が病気になって、旦那が休みのたびに通院して、よく見てくれた』

『うちの旦那は全然できるな。たぶん付きっきりで何もしないだろうけど』

『うちは余裕だった。しかも、そういうときに限って子どももめっちゃいい子にしてるんだよな~』

やらせてみたらできるようになる!

やらなくてはいけない状況になれば、パパだってできるんです。心配しすぎて任せないでいると、パパの育児力はいつまでたっても伸びないかも!?

『無理やり置いて行けばいいの。そうなればどうにかなるもんだよ』

『ぐったり疲れるだろうけど、いける。寝かしつけやミルク、おむつはできる』

『やりたくないだけ。やらせりゃできる。そんなことを言ってたら、何もできない旦那が完成しちゃうよ』

『ミルクあげておむつ変えてひたすら抱っこしてたら大丈夫でしょ。生後半年のときにその状況になったことないからわからないけれど、できないってことはないと思う』

『ミルクの量と時間、オムツ変える回数とか、ちゃんと言っておいたらできる。あとはスマホを触っているだろうけど』

もしものことがあったら大変。心配なパパには……

任せたいとは思うものの、パパに不安要素があまりにも多い場合は少しずつ慣らしていくことも大切です。

『時間を指示しても無理そうなら、逆に怖いから預けたくないかも』

『ずっと育児を奥さんにまかせっきりの人に頼むの不安じゃない?』

『たまに、本当にどうにもならない男性もいるから無理矢理頼むのは危険』

『うちの旦那、1人で半日面倒なんて見たことないよ。俺が面倒見るから好きに過ごしてもいいよと言ったときも、すぐ自分の実家(家から車で5分)に行くし、1人ならできても3時間が限度かなぁ』

『一度半日くらい見てもらったけど、ギャン泣きしたことがあって背中も汗でびっしょり。泣くと膝に乗せてガクンガクンと貧乏ゆすりのデカいのをやるから、怖すぎて2人だけにはできなかった』

母乳育児の場合は、ママのおっぱいが張ってしまうこともあるので、生後半年くらいだと半日近く離れるのは難しいかもしれません。それでも家の中にいながらパパと子ども2人の時間を作るなど、いざというときのために慣れさせておくことは大事ですよね。相談者さんの旦那さんは、「いろいろ動けないから」と断っているようですが、実は子どもと2人きりで過ごす自信がないからなのかもしれません。パパと子どもが2人でお留守番することに備えて、「半日くらい余裕」と思えるように、短時間から少しずつ慣れさせるのも一つの手となりそうですね。

文・鈴木じゅん子 編集・しらたまよ イラスト・Michika

ママスタセレクト

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加