“容疑者”佐藤健を“刑事”阿部寛が追いつめる 「護られなかった者たちへ」映像初公開

“容疑者”佐藤健を“刑事”阿部寛が追いつめる 「護られなかった者たちへ」映像初公開

  • 映画.com
  • 更新日:2021/04/08
No image

「罪を犯してまで、護りたかったものとは。」 (C)2021映画「護られなかった者たちへ」製作委員会

佐藤健阿部寛が共演する映画「護られなかった者たちへ」の特報と第2弾ポスタービジュアルがお披露目された。映像には、殺人事件の容疑者・利根(佐藤)を、刑事・笘篠(阿部)が追いつめるさまが、緊迫感たっぷりに映し出されている。なお、公開日は10月1日に決定した。

瀬々敬久監督(「8年越しの花嫁 奇跡の実話」「楽園」)が、「さよならドビュッシー」「ドクター・デスの遺産 BLACK FILE」などの原作で知られる中山七里氏の小説を映画化。林民夫(「」「太陽は動かない」)が、瀬々監督とともに脚本を執筆した。

東日本大震災から10年後の宮城・仙台で、全身を縛られたまま放置され、餓死させられるという異様な手口の連続殺人事件が発生。被害者はいずれも、人格者として知られた人物ばかりだった。捜査線上に浮かび上がったのは、過去に起こした事件で服役し、出所したばかりの男・利根。刑事の笘篠は利根を追いつめるが、決定的な証拠がつかめないまま、第3の事件が起きようとしていた。

ポスターには、佐藤と阿部に加え、清原果耶倍賞美津子吉岡秀隆林遣都永山瑛太緒形直人ら豪華キャスト陣の姿を活写。「10年目の殺人――罪を犯してまで、護りたかったものとは。」というコピーが、重厚な人間ドラマを予感させる。

特報は、泥水に顔を押しつけられた利根が「ふざけんなよ!」と叫ぶ衝撃的なシーンで幕を開ける。過去に犯した罪を背負う利根と、「利根はまだ何か隠している気がするんです」と訴え、真実を見極めようとする笘篠。演じる佐藤と阿部の、鬼気迫る演技のぶつかり合いが垣間見える。最後は涙をこぼす2人が切り取られ、「魂が、泣く。」という言葉が強いインパクトを放っている。

護られなかった者たちへ」は、10月1日に公開。なお4月23日から、ムビチケオンライン前売り券が販売される。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加