日本でも活躍したイ・ボミが韓国女子ツアーに登場!一回り年下の後輩と回った初日目の結果は?【PHOTO】

日本でも活躍したイ・ボミが韓国女子ツアーに登場!一回り年下の後輩と回った初日目の結果は?【PHOTO】

  • スポーツソウル日本版
  • 更新日:2022/05/14

日本でも活躍した韓国女子プロゴルファー、イ・ボミ(33)が1年8カ月ぶりに韓国女子ツアーの大会に臨んでいる。

【写真】イ・ボミの「眩しすぎる」ウエディングドレス姿

5月13日に京畿道(キョンギド)龍仁(ヨンイン)市の水原(スウォン)CCでスタートした韓国女子ツアーの「2022 NH投資証券レディースチャンピオンシップ」。

15日まで開催予定の同大会には優勝賞金8億ウォン(日本円=約8000万円)がかけられ、優勝者には賞金1億4400万ウォン(約1440万円)が贈られる。

そんな同大会に、韓国女子ツアーの永久シードを持つイ・ボミが出場している。

2011年に日本ツアー参戦以降、2015年から2年連続で賞金女王に輝くなど華々しい活躍を見せたイ・ボミは、今年4月の「ヤマハレディースオープン葛城」での予選落ちをもって日本ツアーでのシード権を喪失していた。

韓国女子ツアーの大会への出場は、2020年9月に行われた「2020ファントムクラシック」以来、約1年8カ月ぶりとなるイ・ボミ。

アウトコース(1番ホールからスタート)の35組目で、ノ・スンヒ(21)、ソン・ガウン(21)の後輩選手2人とともに13時55分にティーオフし、2バーディ・4ボギーの2オーバーで「74」とし、104位タイでラウンドを終えた。

俳優で夫のイ・ワンも観戦に訪れていたという同ラウンドを、白を基調としたポロシャツに黒のスカートを合わせたゴルフウェアで回っていたイ・ボミ。予選通過へ厳しいスタートになったものの、第2ラウンドでの巻き返しを期待したいところだ。

No image

(写真提供=KLPGA)アイアンショットを放つイ・ボミ

No image

(写真提供=KLPGA)パッティングをするイ・ボミ

No image

(写真提供=KLPGA)グリーンの芝目を読むイ・ボミ

◇イ・ボミ プロフィール

1988年8月21日生まれ。韓国・江原道 出身。身長158cm。12歳のころ、当時米国女子ツアーで活躍した朴セリに影響されてゴルフを始めた。2006年に韓国の代表常備軍(代表候補)入りを果たすと、翌年にプロ転向し3年目で初優勝。2011年からは活躍の場を日本に移し、2015年から2年連続賞金女王に輝いた。2019年12月28日、俳優イ・ワンと結婚式を挙げた。

Copyright @ Pitch Communications Ltd. All rights reserved.

スポーツソウル日本版

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加