新登場の第8世代iPadの詳細スペック確認 昨年モデルからはほぼCPUの変更のみ

新登場の第8世代iPadの詳細スペック確認 昨年モデルからはほぼCPUの変更のみ

  • ASCII.jp
  • 更新日:2020/09/16

iPadの入門機として、いまだ高い人気の無印iPad。今年も第8世代となる新モデルが登場した。税抜3万4800円~という手に入れやすい価格でありながら、iPadOSの操作性に加えて、Apple Pencilでのペン操作やSmart Keyboardもサポートするなど、本格的な使い方にも十分対応するのが人気の秘密だ。

No image

第8世代になった新iPadが登場

前年モデルとの違いはほぼCPU強化に尽きる ストレージも下位モデルは32GBのまま

ここでは、昨年の第7世代や一昨年の第6世代とスペックの比較を詳しくしていこう……と言いたいところなのだが、第8世代iPadでの進化点はほぼCPUに尽きる。昨年の第7世代で10.2型と画面が大型化されたが、CPUがA10のままとやや力不足を感じたのは確か。そこから2年分ジャンプアップして、2019年モデルのiPad AirやiPad miniと同等のA12 Bionicに。iPadOSのサポート期間もこれで延びることが期待できる。

No image

前モデルと比べると、CPU性能は大きくアップ

一方で残念なのが、最廉価モデルのストレージは32GBで変わらない点。カメラもインカメラは1.2メガ止まりだ。またディスプレイについては、今回も上位モデルのようなフルラミネーションディスプレイではないので、ペン先と画面の間のギャップは感じるはず。文字などを書く分にはそれほど気にならないので、ここは割り切って使うのが吉だろう。カラバリもシルバー、スペースグレイ、ゴールドの3色で同じだ。なお、コネクタ自体はLightningのままだが、ACアダプタが「USB-C電源アダプタ」となり、「Lightning-USB-Cケーブル」とセットになっている。

No image

文字入力中心であればそれほど気にならないが、お絵描きをするなら、ペン先と画面の距離を感じないフルラミネーションディスプレイの上位モデルが欲しくなるだろう

狭額縁の画面、USB Type-C、Magic Keyboard、フルラミネーションディスプレイ、第2世代Apple Pencilなど、iPad Pro譲りの機能に魅力を感じるのであれば、新iPad Airを選択するべきだろう。

■関連サイト

アップル

ASCII

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加