ウイングバック起用の三笘薫「余裕を持って入れた」 ドイツ撃破は「全世界がサプライズだと...」

ウイングバック起用の三笘薫「余裕を持って入れた」 ドイツ撃破は「全世界がサプライズだと...」

  • サッカーキング
  • 更新日:2022/11/25
No image

ドイツ戦途中出場の三笘薫 [写真]=Getty Images

日本代表MF三笘薫(ブライトン/イングランド)が、25日にメディア対応を行った。

27日に控えるFIFAワールドカップカタール2022・グループB第2節コスタリカ代表戦への準備を進める日本代表。初戦でスペイン代表相手に0-7で敗れたコスタリカ代表の印象について問われた三笘は、「守備のチームなので、1点入れられたときにメンタル的に落ちやすいのかなと。一点、もし(日本が)先制されたときの堅さはすごいチームだと思うんで、慎重に入らないといけないと思います」とコメント。試合でのプレーイメージについては次のように語った。

「ボールは持てると思いますし、連動してくる守備はあまり得意ではないと思うので、中盤にスペースができたときに背後を狙う。相手が5枚で守ってくるときもあるので、そこでの崩し方っていうのはチームとして共有しながら、しっかりとカウンターの対策はしないといけないと思っています」

「チームとしてはボランチのところが空くと思っているんで、そこからの背後への動き出しだったり、サイドでの一対一で勝てるかどうかっていうのは重要になってきます。相手も出てくるシチュエーションなので、どこまでドン引きされるか分からないですけど、シチュエーションとしては考えやすいシチュエーションなので、そこは有利かなとは思っています。後半はスペースも出てくると思いますし、前半もどれだけボールをチェイスしてくるか分からないですけど、しっかりとそこはチームとして考えながら試合を進めていきたいと思います」

23日に行われたドイツ代表戦では、途中出場から左ウイングバックでプレー。「(自分の)ドリブルどうのこうのっていうよりも、チームとしてどうやって押し込めるかっていうところと、チャンスを作るかっていうところを考えてやっていました。ウイングバックだったので考えることも変わってきましたけど、うまく適応できたと思います」と振り返り、「海外来てウイングバックを初めてやって、その経験がここで活きるとは思いませんでしたけど、そういう経験があったからこそ余裕を持って入れました。引くところと、前に高い地位をとってリスクをかけるところの判断は良かったなと思います」と自身のプレーを評価した。

森保一監督はドイツ代表戦の勝利はサプライズではないとコメントしていたが、三笘は「サプライズだと思いますね、僕は(笑)。全世界がサプライズだと思っていると思います。準備をして、最大限やったからこそのそういう発言だと思います」と反応。「本当に切り替えないといけないですし、もう終わったことなので。すべての人が切り替えて臨む必要があると思います」とコスタリカ代表戦に目を向けている。

サッカーキング

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加