マイケル・ケインが役者業への愛語る「引退を楽しみにしたことは一度もない」

マイケル・ケインが役者業への愛語る「引退を楽しみにしたことは一度もない」

  • 映画ナタリー
  • 更新日:2021/01/14

キング・オブ・シーヴズ」で主演を務めたマイケル・ケインのインタビュー映像がYouTubeで公開された。

No image

「キング・オブ・シーヴズ」

すべての画像・動画を見る(全11件)

No image

平均年齢60歳超えの窃盗団が、英ロンドンの宝飾店街の貸金庫から約25億円相当の金品を盗んだ事件を映画化した本作。かつて“泥棒の王(キング・オブ・シーヴズ)”と呼ばれた主人公ブライアンをケインが演じたほか、ジム・ブロードベント、トム・コートネイ、レイ・ウィンストンらが共演した。

インタビューでは「老いることをどう表現した作品だと思うか?」と質問されたケインが「この作品が描いてるのは、生きる希望を持つことだ」と回答。「タダ働きでもいいと思ってた」「今はタダじゃ働かないけどね」とジョークを交えつつ、「引退を楽しみにしたことは一度もない」と役者業への愛をのぞかせた。また服役囚が看守にバレずに会話するため刑務所の中で作ったという、ブライアンが使用する“押韻俗語”についても説明している。

「博士と彼女のセオリー」のジェームズ・マーシュが監督を務めた「キング・オブ・シーヴズ」は、明日1月15日より東京・TOHOシネマズ シャンテほか全国で順次公開。

(c)2018 / STUDIOCANAL S.A.S. - All Rights reserved

映画ナタリー

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加