ヨルダン国王 国民にむけ「反乱の芽は摘まれた」

ヨルダン国王 国民にむけ「反乱の芽は摘まれた」

  • テレ朝news
  • 更新日:2021/04/08
No image

動画を見る(元記事へ)

ヨルダンのアブドラ国王が国民へ向けたメッセージを発表し、「反乱の芽は摘まれた」と語りました。

アブドラ国王が7日、発表したメッセージには「反乱の芽は摘まれ、ヨルダンは安全で安定していることを保証します」と記されています。

ヨルダンでは3日、国王の異母兄弟のハムザ前皇太子が国の安定を損ねる行為に関わったとして捜査を受けていて、前皇太子と関係の深い王室メンバーらが逮捕されていました。

アブドラ国王はメッセージのなかで「ハムザ前皇太子は家族とともに彼の宮殿にいて、私の庇護(ひご)下にある」としたうえで、「ここ数日の試練は国の安定を脅かすものではなかったが、私にとっては最も苦しいものだった」と述べました。

国王が王室内の騒動について触れるのは異例です。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加