【天皇賞・春予想】キーポイントはタイム指数前走値!例年と違うコースで浮上してくる本命&穴馬候補は?

【天皇賞・春予想】キーポイントはタイム指数前走値!例年と違うコースで浮上してくる本命&穴馬候補は?

  • netkeiba.com
  • 更新日:2021/05/02
No image

ディアスティマの一発に期待!!

2年連続で勝利しているフィエールマンは不在…。新たなる頂上ステイヤー決定戦となりそうな『天皇賞・春』(GI・阪神・芝3200m)。

ということもあって、今年はまさに群雄割拠といえる出走メンバー。人気も分散傾向になれば思わぬ配当も飛び出す可能性あり、となるだろう。

1番人気になりそうなのは、前走重馬場の『阪神大賞典』(GII・阪神・芝3000m)を2着に5馬身差をつけて勝ちきったディープボンド(4歳牡・和田竜)。今までの伏兵扱いから一気に主役に躍り出た感じだ。今週末も若干の雨予報があるだけに、馬場が重くなれば再好走の可能性は上昇するはずである。

2番人気になりそうなのは、前走『阪神大賞典』で単勝1倍台に支持されながら、7着に惨敗してしまったアリストテレス(4歳牡・ルメール)。2走前の不良馬場『AJCC』で勝ちきっているので、重馬場得意と思われたところでの敗戦。たまたまの取りこぼしなのか、それともほかに敗因があるのか。今回はその試金石となるだろう。

長距離となれば一昨年の『菊花賞』馬ワールドプレミア(5歳牡・福永)。前走『日経賞』(GII・中山芝2500m)では3着だが、一度叩いての前進はある。

さらに強い牝馬2頭。前走『日経賞』1着ウインマリリン(4歳牝・横山武)、同2着カレンブーケドール(5歳牝・戸崎圭)。このレースでは結果出ていない牝馬勢だが、時流としては一発の頃なのかも。

◆やはりポイントになるのは傾向読めない阪神の芝3200m?

ポイントは例年の京都開催とは違う「阪神・芝3200m」というコースになるだろう。

3-4コーナーの高低差4mを2回経験する京都外回りコースと違い、わりと平坦な道中からゴール付近で2mの急坂を経験する阪神コース。特に今回の芝3200m戦は、一周目が外回りで、二週目が内回りという変則となる。やはり阪神コースでの経験と実績が有利に出ると考えたほうがいいのかも…。

『天皇賞・春』で、例年成績はいいのは前走『阪神大賞典』組だ。

近2年は、馬券圏内上位3頭には入っていないが、過去10年のうち10頭が馬券圏内に絡んでいる。今年は7頭が出走。特に1着ディープボンドは抜きに考えられないし、2着ユーキャンスマイル(藤岡佑)、3着ナムラドノヴァン(内田博)も、圏内食い込みの紛れがないとは言い切れない。

あとは過去10年で7頭上位圏内になっている前走『日経賞』組。昨年は久々に2・3着に食い込んだのが前走『日経賞』組だったので注意はしたい。

◆タイム指数からの例年の狙い目は?

『天皇賞・春』のnetkeibaタイム指数での傾向はわりとシンプルである。

過去5走平均値順というのはあまり機能しないかわりに「シンプルに前走値が機能している」というのが近年の傾向である。

昨年は、2着に11番人気のスティッフェリオが絡んで馬単は70倍超、3連単も5万円台だったが、「前走値」高い3頭をそのまま買っていればズバリ3連複が獲れていたというオチ。スティッフェリオは前走値3位だったのだ。ただ基準としては「前走値108以上」は最低限欲しい。

今年のタイム指数で「前走値順」はどうかというと…
1位 ディープボンド 115
2位 ワールドプレミア 114
3位 カレンブーケドール 114
4位 ウインマリリン 114
(同値でも順位に差があるのは、平均値を考慮に入れてのもの)

となっている。やはり前走が同じ阪神だったディープボンドの優位はかなり濃厚。さらに同値で並ぶ3頭から牡馬のワールドプレミアも軸候補となる。さらに今回のポイントは○▲のチョイスとなりそうだ。まだ見限れないアリストテレスも上位判断したい。

あとは唯一、前走で阪神芝3200mというコースを経験しているディアスティマは、かなり気になっている。前走が1着でも3勝クラスだった馬が馬券圏内になるというのは前例ないが、前走の同距離値105というのはこのメンバーでは2位なのだ。スンナリ逃げられれば前走の再現あり。一発タイプとして気にしておきたい。
(netkeiba・大石川大二郎)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加