タブレット純20周年記念リサイタル「私の音楽の原点はラブユー東京です」新曲「百日紅」も披露

タブレット純20周年記念リサイタル「私の音楽の原点はラブユー東京です」新曲「百日紅」も披露

  • 日刊スポーツ(エンタメ)
  • 更新日:2022/05/14
No image

デビュー20周年を記念してリサイタルで熱唱するタブレット純

歌手でお笑いタレントのタブレット純(47)が13日、東京・中野区のなかのZERO小ホールでデビュー20周年記念リサイタルを開催した。

マヒナスターズのボーカル担当として「田渕純」の芸名(通称・タブ純)でプロ歌手デビューして今年で20周年を迎えたタブ純はこの日のリサイタルで、2部構成のステージを展開。「ジュンマキ堂とニューパラダイスチンドン」というチンドンバンドをバックに「恋人よ我に帰れ」でにぎやかにオープニングの幕を開けとなった。

「今日は13日の金曜日で、仏滅。しかも大雨波浪注意報が出ていて、もうお釣りなしの不幸な状況で、嫌な嵐を呼ぶ男です(笑)」とあいさつした。

第1部は、前作シングル「東京パラダイス」をはじめ、昭和のヒット歌謡から「東京の灯よいつまでも」「潮来笠」「お祭りマンボ」「島のブルース」、それに初挑戦の歌謡浪曲「俵星玄蕃」などを歌唱。

第2部は、昭和の名曲「夢であいましょう」で幕を開け、飲み友達だというバイオリニスト・石井夕紀とのコラボで「ホッピー姉妹のテーマ」「上海帰りのリル」、GSメドレーから「エメラルドの伝説」「君だけに愛を」、映画音楽「ゴッドファーザー 愛のテーマ」、ジャズメドレーから「ムーン・リバー」「フライ・ミー・トゥー・ザ・ムーン」、アンコールで、マヒナスターズの大ヒット曲「泣かないで」など、1部と合わせて全23曲を熱唱した。

タブ純が「私の音楽の原点は『ラブユー東京』です」と言い、その曲をはじめ、ムード歌謡のヒット曲を数多く手がけた故作曲家・中川博之さんの未発表曲に、同氏の妻で作詩家・高畠じゅん子さんが詩をつけたデビュー20周年記念シングル「百日紅(さるすべり)」(日本コロムビアから5月11日発売)と同カップリング曲「七色のブルース」も披露した。

新曲「百日紅」については「すばらしい作品をいただきました。小学6年生のとき、同級生のお母さんから『ラブユー東京』のレコードを借りて以来、中川博之先生のお名前が刻まれまして、まさかその37年後に自分がその先生の作品を歌えるとは思ってもみなかったので、幸せな人生だなと思っています」と感激し、「ほんの一瞬だけアマゾンで1位になりまして(笑)、すごく手ごたえを感じております。大好きな男性を待ち焦がれる女性の歌ですが、自分の心境にとてもフィットする感情の入れやすい歌いやすい曲ですので、皆さんもぜひ歌ってください」とアピールした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加