照ノ富士、全勝の正代止めて2勝目「先場所負けているので」

照ノ富士、全勝の正代止めて2勝目「先場所負けているので」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/09/16
No image

正代(右)を攻める照ノ富士=両国国技館(撮影・中田匡峻)

「大相撲秋場所・4日目」(16日、両国国技館)

先場所優勝の前頭筆頭・照ノ富士(伊勢ケ浜)は、全勝の関脇・正代(時津風)に土をつけて、2勝2敗とした。立ち合いでまわしを取れなかったものの突き合いを制し、パワーで押し出した。

先場所優勝を争った正代には、14日目に対戦し敗れていた。「先場所負けているので、しっかり自分の形をつくろうと思っていた。思い切って当たろうと思っていたので、勝ててよかった」と、うなずいた。

今場所は初日から連敗スタートとなったものの、勢いのある相手を下して星を五分に戻した。三役復帰も見据える中、「一日一番、できることをやる」と力を込めた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加