鷲見玲奈、初キスシーンの裏側明かす「一発勝負の緊張感」

鷲見玲奈、初キスシーンの裏側明かす「一発勝負の緊張感」

  • モデルプレス
  • 更新日:2021/01/12

【モデルプレス=2021/01/12】フリーアナウンサーの鷲見玲奈が12日、自身のTwitterを更新。鷲見の初めてのドラマ出演となった10日放送のドラマ「アプリで恋する20の条件」(日本テレビ系)でのキスシーンの裏側を明かした。

No image

(写真 : 鷲見玲奈Instagramより)

【写真】鷲見玲奈アナ「これ、ギャルなんですか?」制服ショットに反響続々

◆鷲見玲奈、初キスシーンは「一発勝負の緊張感」

初めてドラマに出演した鷲見は「ドラマ、たくさん感想を頂き、ありがとうございます」とファンに感謝。

「ちょっとした裏話なのですが」と切り出し「こういった状況ですので、事前にPCRを受け、毎回体温を計り、リハーサルは常にフェイスシールドをつけて行いました」と、今ならではの裏話を明かした。

そのため「キスシーンは、緊張よりも、一発勝負の緊張感がすごかったです」と振り返っている。

また、同ドラマ内で2回のキスシーンに挑戦した鷲見だが「タクシーでのシーンは、台本では“おでこにキス”だったのですが、現場で『おでこはちょっと難しいね…』となり、監督の提案でほっぺたに変わりました」と、頬にキスをすることになった経緯をつづっている。

◆鷲見玲奈、初ドラマ出演は「楽しかった」

また、10日には自身のInstagramも更新。

「初めて本格的な演技に挑戦させて頂いたのですが、本当に難しく、しかし楽しかったです」と感想をつづり「あー、もっとこうしたら良かったのか!!と、見ていて反省点はたくさんあったので、もしまた機会を頂けたときのために、ちゃんと勉強しようと思いました!!」と意気込んでいる。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加