愛犬への『感謝』の伝え方5つ♡ありがとうの気持ちを上手く伝える方法とは

愛犬への『感謝』の伝え方5つ♡ありがとうの気持ちを上手く伝える方法とは

  • わんちゃんホンポ
  • 更新日:2022/09/26
No image

愛犬への感謝の伝え方5つ

No image

1.言葉にして伝える

もっともシンプルな方法が、言葉にして伝えることです。「ありがとう」「だいすきだよ」と愛犬への気持ちを声に出して伝えてあげてください。

言葉そのものの意味がわからなくても、犬は飼い主さんの表情や声のトーンで感情を理解していると言われています。感謝の言葉とともに笑顔で愛犬をやさしく撫でてあげると、より気持ちが伝わりやすくなるでしょう。

2.マッサージする

感謝の気持ちをこめてマッサージしてあげるのもおすすめです。飼い主さんに触れられるだけでも、犬は安心してリラックスできます。「どのツボを押すと気持ちいい」など専門的な知識はなくても大丈夫です。

マッサージしながら、愛犬が気持ちよさそうにしている部分を念入りに撫でてあげるとよいでしょう。やさしく撫でながら「いつもありがとう」「だいすきだよ」と声をかけてあげれば、きっと愛犬にも気持ちが伝わるはずですよ。

3.食事を豪華にする

No image

いつもより食事を豪華にしてみるのも、感謝の気持ちを伝える方法のひとつです。いつもはドライフードだけをあげているのであれば、ささみや野菜を添えたりおやつを乗せるなど少し工夫してみてください。

犬にとって食事は、日々の中でもとくに大切なもの。感謝の気持ちを伝えたいときは、愛犬が喜んでくれるフードを用意してみましょう。

4.普段とは違う散歩にしてみる

散歩も犬にとっては大切な習慣のひとつです。「ありがとう」の気持ちを伝えるために、いつもとは違う散歩にしてみるのもおすすめ。普段とは違うコースを通ってみたり、長めの散歩にしてみるなど、いつもと変化をつけてみましょう。

毎日同じコースだとどうしても飽きてしまいますし、散歩コースが短すぎるとストレスも溜まってしまいます。感謝の気持ちを伝えたいときは、いつもより愛犬が楽しめる散歩を意識してみてください。普段とは違う特別な散歩に連れていくと、犬も十分に遊ぶことができ満足感も高いでしょう。

5.愛犬が楽しめる場所に出かける

ドッグランや犬OKのカフェや旅館など、愛犬と一緒に楽しめる場所に出かけるのもおすすめです。普段と違う環境は犬にとっても刺激的で、ストレス発散にもつながります。また、飼い主さんと一緒に過ごせるのも犬にとっては嬉しいことです。

もちろん人見知りだったり臆病な犬もいるので、無理にあちこちに連れていく必要はありません。愛犬の性格に合わせてたまには特別なお出かけをしてみてくださいね。

日頃から気持ちを伝えて絆を深めよう

No image

前章でお伝えしたような方法で、愛犬には積極的に気持ちを伝えていきましょう。日頃から愛情や感謝の気持ちを伝えることで、愛犬との絆も深まります。

食事やお出かけなどは頻繁に実践するのはむずかしいかもしれませんが、言葉で伝えたりマッサージをして気持ちを伝えることはできるはずです。人間同士でも同じですが、感謝や愛情を言葉にして伝えることでお互いの関係性も深くなります。

愛犬にも普段から気持ちを伝えることで、より強い信頼関係が築けるでしょう。

まとめ

No image

今回は、愛犬への感謝の伝え方をご紹介しました。いつも一緒にいるとその存在をつい当たり前に感じてしまいがちですが、一緒にいられることは当たり前ではありません。

大切でかけがえのない存在だからこそ、何気ない毎日の中でも愛犬への感謝の気持ちはたくさん伝えていきましょう。

■この記事を見た人はこんな記事も見ています!

犬が命を落とすかも?絶対にNGな超危険行為5選

*********************

■わんちゃんホンポ

わんちゃんホンポは、ドッグオーナーさんとその愛犬自身の生活環境がより良く素敵なものになることを目指し、様々なおすすめ情報やツールを提供しています。

<ライター情報>
Mily

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加