DH制全戦採用は35年ぶり、阪神は弘田起用/メモ

DH制全戦採用は35年ぶり、阪神は弘田起用/メモ

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/11/20
No image

1985年、西武との日本シリーズにDHで出場した阪神弘田

日本野球機構(NPB)は19日、21日から開幕するプロ野球の日本シリーズで、セ・リーグの本拠地球場を含めて、全試合でDH制を採用すると発表した。同日の12球団臨時実行員会で承認された。

◆日本シリーズの指名打者制度 指名打者制は75年に初めてパ・リーグで採用された。日本シリーズでは81年からパ側が採用を訴えていたがセの反対で合意せず、83年12月、下田コミッショナーの裁定により85年から隔年で全試合採用が決まった。阪神-西武の85年シリーズでは阪神のホームとなる第3~5戦の甲子園でも採用され、阪神は弘田澄男外野手を指名打者として起用した。隔年のため86年は実施なし。87年1月の実行委員会で、指名打者制は採用するリーグのホームに限ると変更。87年から昨年までパのホームで実施した。全試合採用は85年に次いで35年ぶり2度目となる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加