コロンビアが宇宙利活用プロジェクト「スペースデリバリープロジェクト-RETURN to EARTH-」第2弾に参加

コロンビアが宇宙利活用プロジェクト「スペースデリバリープロジェクト-RETURN to EARTH-」第2弾に参加

  • Qetic
  • 更新日:2022/06/23
No image

アウトドアブランドのコロンビアが、宇宙産業における総合的なサービスを展開するSpace BD株式会社が推進する宇宙利活用プロジェクト「スペースデリバリープロジェクト-RETURN to EARTH-」第2弾に参加し、独自の反射蓄熱テクノロジー「オムニヒートインフィニティ」のブランディング及びプロモーション活動を展開することに。

反射蓄熱テクノロジー「オムニヒートインフィニティ」のプロモーションで展開

「スペースデリバリープロジェクト-RETURN to EARTH-」は、国内外から集められた記念品や研究対象品などを宇宙空間に打上げ、国際宇宙ステーション「きぼう」の船外実験プラットフォーム上で宇宙空間に対象品を約6ヶ月間触れさせた後、地球に帰還させるというプロジェクトで、2022年度内に国際宇宙ステーションへの打上げが予定されている。

コロンビアでは、ゴールドの裏地が特徴的な独自の反射蓄熱テクノロジー「オムニヒートインフィニティ」の認知拡大を目的に「スペースデリバリープロジェクト-RETURN to EARTH-」に参加。本プロジェクトでは「オムニヒートインフィニティ」のテクノロジーデザインとブランドロゴを印刷したアルミ板をロケットに搭載し、宇宙空間を利用したPR活動を展開する。

No image

コロンビアはこれまでにも、“ドアの一歩先は全てアウトドアフィールドである”という考えのもと、快適さを追求した製品作りを継続してきた。今回のプロジェクトを通じて、アウトドアと宇宙をつなぐ架け橋としての当ブランドの動きにも注目だ。

No image

Copyright (C) Qetic Inc. All rights reserved.

中村悠人

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加