三菱重工West始動 元中日・小田幸平ヘッドコーチが23年ぶりに古巣復帰

三菱重工West始動 元中日・小田幸平ヘッドコーチが23年ぶりに古巣復帰

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/01/12
No image

今年からヘッドコーチに就任した元中日の小田氏

今年からチーム再編によって発足した「三菱重工West」が12日、新しいデザインの練習着を身にまとい、兵庫県明石市内のチームグラウンドで始動。監督に就任した山口敏弘氏は「何事にも“1”にこだわってやっていこう!遠慮せず、どんどんアピールしていってほしい」と選手たちを鼓舞した。

この日、髪を短く切って新たな気持ちでグラウンドに入った今秋ドラフト候補左腕の森翔平投手(23)は、1年後のプロ入りを見据えつつも「アピールしたいということが第一ではない。自分がしっかり投げて勝ったら、それが結果的にアピールにつながると思うので」と、まずは日本一達成のためにフル稼働することを誓った。そのためにも、現在最速149キロの直球を「質、回転数などをもう1ランク上げていきたい」と意気込んだ左腕。球の握り方や力の入れ具合などを、このオフに見直していくとした。

また、巨人や中日で活躍したOBの小田幸平氏(43)が、23年ぶりにヘッドコーチとして古巣復帰。「恩返ししたいという気持ちで戻ってきた。勝たないと評価してもらえないので、勝ちにいきたい。強い三菱でありたいんです」とチーム強化に尽力していく考えを示した。

頼もしい指導者と選手層に厚みが増した三菱重工Westが、社会人野球の頂点を目指して動き始める。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加