渋野、古江が挑戦する、来シーズンへの出場権をかけた「LPGA 2022最終予選会」 レジェンド カリー・ウェブが見る二人の可能性、突破のキーポイントとは?

渋野、古江が挑戦する、来シーズンへの出場権をかけた「LPGA 2022最終予選会」 レジェンド カリー・ウェブが見る二人の可能性、突破のキーポイントとは?

  • ココカラネクスト
  • 更新日:2021/11/25
No image

渋野日向子、古江彩佳/Getty Images

世界最高峰のLPGA女子ゴルフツアーへの登竜門として、これまでも宮里藍をはじめとする日本の精鋭たちが挑戦してきた、翌シーズンの出場権をかけて行われる最終予選会(Qシリーズ)。今年は、2019年の全英AIG女子オープン覇者・渋野日向子、今季の国内ツアーで賞金女王争いを繰り広げた古江彩佳が出場することでも大きな話題となっている。一発勝負の最終予選会ならではの緊張感のなか、夢への挑戦をかけてプレーをする。

この注目必至の戦いを前に、WOWOW LPGA女子ゴルフツアー アンバサダーのカリー・ウェブにリモートインタビューを実施。通算41勝、メジャー7勝という偉大な記録を持つレジェンドならではの視点から、今年の最終予選会の見どころや渋野、古江の持つポテンシャル、さらにはすでにLPGAで活躍する畑岡奈紗、笹生優花を含む今後の日本勢の可能性について、たっぷりと語ってもらった。

・今すぐ読みたい→
全米女子オープン優勝の笹生優花 優勝の要因に関しては・・・ https://cocokara-next.com/athlete_celeb/yukasasou-new-heroine/

No image

――12月の第1週と第2週に開催されるQシリーズについてお聞きしたいと思います。まず、日本の若い選手たちがLPGAツアーに挑戦することについて、どう思われますか?
「多くの日本の若い選手がLPGAでプレーすることを希望して、Qシリーズに参加していることは素晴らしいことだと思います。何年も前から日本の若い選手には素晴らしい選手がたくさんいますから、その数が増えて、ツアーで成功している姿を見るのは楽しみです。」

――今年は渋野日向子と古江彩佳が、LPGAのツーメンバーになるためにQシリーズで8日間プレーしますが、予選会を通ることは、どれほど難しいことなのでしょうか?
「日向子と彩佳にとって、JLPGA(日本ツアー)で毎週のようにプレーしてきた経験が非常に大きなアドバンテージになると思います。彼女達は世界や日本の大きな大会で優勝しており、Qシリーズが8ラウンドとなったことが、そのような(経験豊富な)選手達に有利になると思うからです。私がQスクールに出場していた頃は4ラウンドだけだったので、誰もがいい週を過ごせましたが、(8ラウンドともなると)いい週を2回も過ごせるでしょうか?毎週、毎週、プレーすることに慣れている選手は、そのことを理解していると思いますよ。そして、その2週間の間に、少し休む時間があるのです。彼女達が本当に理解すべきは、8ラウンド全てで60台のスコアを出す必要はないということなんです。もちろん、それが出来ればツアーへの出場権を確実に手に入れられますが、8ラウンドはもちろん、4ラウンドのゴルフの波や流れを経験して理解していることは、彼女達にとって有利だと思いますよ。」

No image

Getty Images

――Qシリーズが行われるアラバマ州のロバート・トレント・ジョーンズ・ゴルフ・トレイルについて、お話いただけますか?
「Qシリーズ1週目の開催コースでは、LPGAのトーナメントが行われたこともありますので、私もプレーしたことがあります。このゴルフ場にあるコースは、どれもとても似ています。コースの設計者であるロバート・トレント・ジョーンズのデザインはとてもユニークで、最初にグリーンに乗った瞬間に、それが彼の設計によるコースであることが分かると思います。彼のコースのほとんどは、大きなグリーンが特徴的ですが、たいていは2~3、あるいは4つの小さなセクションに分かれています。ですから、全8ラウンドで良いプレーをするためには、アイアンと距離のコントロールに気を配り、グリーンの正しい位置に自分のボールを置くことが重要だと思います。なぜなら、大きなアンデュレーションがグリーンにあるので、セクションを外してしまうと、他のセクションに移るのが難しくなるからです。」

――つまり、うまくプレーするにはアイアンショットがキーになるとお考えですか?
「そうですね。このコースでは、多くのボールストライカーが活躍すると思います。アイアンをうまく使って、小さなセクションを確実に攻略することが鍵になると思います。そうすれば、バーディーのチャンスも増えますし、ストレスも溜まりません。何故ならQシリーズは、4ラウンドでも8ラウンドでも、文字通り人生で最もストレスのたまる時間ですからね。その2週間を笑顔で過ごしている人はいません。ですから、できるだけストレスのないゴルフをすること大事でしょう。」

――Qシリーズへ向けて、渋野へのアドバイスはありますか?
「日向子へのアドバイスとしては、彼女がLPGAで戦いたい気持ちはよくわかりますが、自分にプレッシャーをかけすぎないようにすることですね。彼女は明らかにLPGAで活躍するだけの実力を持ついい選手だと思いますし、全英AIG女子オープンの優勝者であることを忘れてはいけません。彼女はいい選手だと(世間に)知れ渡っているので、既に他の多くの選手よりも精神的に優位に立っています。だからこそ、彼女は自分の力を誇示しなければいけませんし、8ラウンドをうまくこなして、来年LPGAのメンバーとして活躍する姿を思い描くことができると信じています。」

No image

Getty Images

――古江へのアドバイスはいかがでしょうか。
「彩佳もQシリーズにおいて、他の多くのプレーヤーよりも経験豊富です。彼女は毎週、国内外のベストプレーヤーと対戦していますが、Qシリーズに参加する多くのプレーヤーはそうではありませんので、彼女にはそのような『経験値』というアドバンテージがあると思います。ですから、自分のゲームを信じて、対峙する他の選手によって何か違うことをしようとは考えないことです。」

――Qシリーズに臨むにあたっては、古江自身が多くの経験を持っていることを自覚しておく必要があるということですね。
「それに加えて、自分のゲームを理解し、プレーするコースに向けて、できる限りの準備をすることが必要だと思います。Qシリーズではいくつかのコースでプレーすることになると思いますが、その全てのコースで素晴らしいゲームプランを立てて、自分のゲームをするだけで、彼女は十分にやり遂げられると思います。」

――畑岡奈紗、笹生優花、そして予選会を通れば渋野日向子と古江彩佳も参戦します。これらの日本人選手に来年は期待できると思いますか?
「私は確実に、来年も日本人選手の活躍をみられると思いますし、奈紗は、今年の経験を生かしてさらに成長し、より上手くなり続けていくことでしょう。優花は、全米女子オープンで優勝したことにより、LPGAツアーに5年間参戦できる権利を得ているので、将来のことを心配する必要はないと思います。彼女は注目すべき選手ですし、年を追うごとに世界ランキングを上げていく選手になると思いますので、彼女が自分自身を解き放って自分の才能を輝かせることを期待しています。
日向子と彩佳は、Qシリーズを乗り切れば、一息つくことができて、これからの1年が始まることを実感できるのではないでしょうか。それに日向子は、全英AIG女子オープンを優勝したことで、すでに全てのメジャー大会に出場できるという利点があり、彼女自身もそれを分かっているので、スケジュールを立てるのはずっと楽な年になると思います。一方の彩佳は、恐らく世界ランキング上では、いくつかのメジャー大会に出場できるでしょうが、スケジュールはそれほど保証されないので、少し不安になるかもしれません。でも、そのことを自覚した上で事前に計画を立てて、年初に良いスタートを切れれば、少なくともスケジュール上では、思っているよりも、ずっと楽なシーズンになると思います。」

No image

(左から時計回り)畑岡奈紗、笹生優花、古江彩佳、渋野日向子/Getty Images

【WOWOW LPGA放送情報】
「渋野・古江 出場! LPGA女子ゴルフツアー 2022最終予選会」
◆配信スケジュール
<Week 1> 12/2(木)~5(日)[WOWOWオンデマンド]※ライブ配信
<Week 2> 12/9(木)~12(日)[WOWOWオンデマンド]※ライブ配信(Week1の結果により休止の場合あり)

◆放送スケジュール
<Week 1ダイジェスト> 12/6(月)よる7:00[WOWOWライブ]
<Week 2ダイジェスト> 12/13(月)よる7:00[WOWOWライブ](Week1の結果により休止の場合あり)

◆開催コース
アメリカ・アラバマ州 マグノリア・グローブ/ハイランド・オークスGC

◆出場注目選手
渋野日向子、古江彩佳

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

CocoKARA next

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加