中国、北京オリンピック外交的ボイコットに「意のままにならない」=韓国報道

中国、北京オリンピック外交的ボイコットに「意のままにならない」=韓国報道

  • WoW!Korea
  • 更新日:2021/11/25
No image

中国、北京オリンピック外交的ボイコットに「意のままにならない」=韓国報道(画像提供:wowkorea)

中国は、米国と英国に続き、オーストラリアも、来年2月に開催される、北京冬季オリンピック「外交的ボイコット」を検討しているという報道に「意のままにはならないだろう」と主張した。

趙立堅中国外交部報道官は、25日定例会見で関連する質問に対し「中国は、スポーツを政治化し、オリンピック精神に反するいかなる言行も、断固反対する」とこのように述べた。

趙報道官は、外交的ボイコットは、各国の選手たちの利益を損なうだけだとし「北京冬季オリンピックは、世界各国の選手たちの舞台であり、彼らが主人公だと何度も強調した」と付け加えた。

続いて「われわれは、世界に安全で素晴らしいオリンピックを見せ、国際体育事業の健全な発展を推進できると固く信じる」と強調した。

一方、米国、英国、カナダに続いて、オーストラリアも来年2月、北京冬季オリンピック「外交的ボイコット」を検討していると、オーストラリア日刊シドニー・モーニング・ヘラルド(SMH)が、24日(現地時間)報道した。

これに先立ち、米国バイデン大統領は、今月18日(現地時間)、ホワイトハウスで開かれたジャスティン・トルドーカナダ首相との会談で「米国は、北京オリンピックに対する外交的ボイコットを考慮しているか」という取材陣の問いに、「われわれが検討している事案」と答えたことがある。以後、英国メディアも、ボリス・ジョンソン首相が、オリンピックに対する「外交的ボイコット」を検討していると報道することで、米国の主要同盟国と友好国が同調し、ボイコットの可能性が提起されている状況だ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加