「ナンバMG5」間宮祥太朗、撮影“最後のセリフ”明かす「最高に粋なはなむけだな」

「ナンバMG5」間宮祥太朗、撮影“最後のセリフ”明かす「最高に粋なはなむけだな」

  • モデルプレス
  • 更新日:2022/06/23

【モデルプレス=2022/06/23】俳優の間宮祥太朗が22日、自身のTwitterを更新。同日最終話が放送された、間宮が主演を務めるフジテレビ系水10ドラマ「ナンバMG5」(毎週水曜よる10時~)の撮影最終カットを明かした。

No image

(写真 : 間宮祥太朗(C)モデルプレス)

【写真】間宮祥太朗「萌音より年下」キスマイ玉森裕太の精神年齢に“呼び捨て”ツッコミ

◆間宮祥太朗主演「ナンバMG5」

同作は、不良漫画の天才・小沢としおの「ナンバMG5」&「ナンバデッドエンド」(秋田書店)を映像化。筋金入りのヤンキー一家「難破家」の次男・剛(間宮)が、実は「ヤンキーをやめたい」「普通の高校生になりたい」と、家族に内緒で健全な高校に入学するという高校“逆”デビュー物語。

◆間宮祥太朗「ナンバMG5」最後のセリフへの想い

同日ドラマ公式Twitterでは、最終話を迎えるにあたりクランクアップを報告。親友・伍代直樹を演じた神尾楓珠と大丸大助を演じたSixTONESの森本慎太郎と熱く抱擁を交わし、涙を流したことが明かされた。

このツイートを引用した間宮は「9話のパトカー内での『終わっちまったな』あれが自分の最後の台詞で、ラストカットでした」と同ドラマの最後の撮影シーンを告白。

第9話では兄・猛(満島真之介)と剛に恨みを持つヤンキー集団「マッドマウス」のメンバーらが白百合高校に乱入してきたことで、剛は自分が特攻服を着たヤンキー“特服”だと明かし、喧嘩沙汰を起こして警察に連行。パトカー内で「終わっちまったな…」とつぶやき、最終話へと続く展開となっていた。

間宮の「終わっちまったな」というセリフと“最後の撮影”の意味合いが重なったことから「最高に粋なはなむけだなと思った」と“最後のセリフ”への想いを吐露した。

◆間宮祥太朗「ナンバMG5」最後のセリフに反響

この投稿にファンからは「あれがラストカットなの泣いちゃう」「色んな意味のこもった『終わっちまった』だったんだね…」「粋な計らいに感動」「「間宮くんの演技に引き込まれた」「裏話知って見たらさらに号泣」など、反響が多数寄せられている。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加