多くのベーシストに影響与えたルイズルイス加部、多臓器不全で死去

  • 音楽ナタリー
  • 更新日:2020/09/27

ルイズルイス加部が昨日9月26日に多臓器不全により横浜市内の病院で亡くなった。71歳だった。

加部は1967年にザ・ゴールデン・カップスのメンバーとしてプロデビューしたベーシスト / ギタリスト。1978年から1994年にかけてはChar、ジョニー吉長と結成したJohnny Louis & Char、その後継バンド・Pink Cloudのメンバーとして活躍し、独創的な演奏でハマ・オカモト(OKAMOTO'S)など多くのベーシストに影響を与えた。近年は病気療養を続けながら、再結成したザ・ゴールデン・カップスのメンバーとして、東京・赤坂BLITZで行われた50周年ライブや野外ロックフェス「FUJI ROCK FESTIVAL」に参加するなど精力的に活動を行っていた。葬儀は親族のみで執り行われるという。

なお9月1日にはザ・ゴールデン・カップスのマモル・マヌー(Dr, Vo)が亡くなったばかりだった。

音楽ナタリー

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加