“ボーダーTシャツ”や“花柄ワンピース”など夏のオシャレコーデをまとめておさらい! WORLD SNAP 7DAYS【7/24~7/30】

“ボーダーTシャツ”や“花柄ワンピース”など夏のオシャレコーデをまとめておさらい! WORLD SNAP 7DAYS【7/24~7/30】

  • FUDGE
  • 更新日:2022/08/06
No image

リアルなヨーロッパのトレンドが知れて、根強い人気コンテンツであるWORLD SNAP。お洒落上手なパリジェンヌやロンドンガールを中心に参考にしたいコーデを毎日更新中。一週間分のSNAPをまとめ見!

DAY1.ボーダーの定番コーデも、ヴィンテージだから深みのあるスタイルに@LONDON

name = Kerrinさん

Gallery assistant/Flower shop staff

マッシュヘアにクリアフレームのメガネがよく似合う彼女は、園芸ショップの看板娘。このお店に面したコロンビアロードでフラワーマーケットが開催される日曜日は、買った植物に合わせる鉢などを求めるお客さんで大賑わい。ヴィンテージショップで買ったTシャツとカフェエプロンで、動きやすさと汚れ対策は万全だ。少し人の波も落ち着いた夕方17時、どんなに忙しい1日でも笑顔を忘れない彼女の素敵なワンショット。

▶︎ボーダーの定番コーデも、ヴィンテージだから深みのあるスタイルに

DAY2.オールブラックのコーデはテキスタイルの質感で遊んで@PRRIS

No image

name = Farahさん

Video Sales Manager

「今日は親友の誕生日だから、花束と食材を買って家でパーティーをするの」。主役を引き立てるためにと、オールブラックでコーディネートしたという彼女。単色な分、細かいプリーツの入ったパンツを合わせて奥行きをつくることを心がけているそう。

▶︎オールブラックのコーデはテキスタイルの質感で遊んで

DAY3.定番のボーダーコーデは足元で遊んでワンランクアップ!@LONDON

No image

name = Bellaさん

Fashion assistant

ふんわりヘアにお似合いの白いハットは、彼から借りたもの。もうすぐその彼が誕生日を迎えるからと、今日はプレゼントを選びにロンドン屈指のショッピングエリア、オックスフォードサーカスへ。ふと目に入った店頭のカードを見ながら、心のこもったカードも付けようかと計画中。そんな彼女の今日の着こなしのポイントは、ベーシックカラーに1点投入された真っ赤なシューズ。お気に入りのこの靴が、きっと素敵なプレゼントに出会わせてくれるはず。少し雨が降って来たけれど、彼の喜ぶ顔を想像すれば、足取りは軽やかに。

▶︎定番のボーダーコーデは足元で遊んでワンランクアップ!

DAY4.ヴィンテージの服を纏って、唯一無二のスタイルを@PARIS

No image

name = Claireさん

Model/Art director

どこか懐かしい雰囲気も感じられる着こなしは、すべてヴィンテージショップで買ったもの。モデルもアートディレクターもこなす彼女は毎日雰囲気の違う自分をつくるのが得意。今日のポイントは、デニム素材のキャップでカジュアルにハズしたところ。

▶︎オールブラックコーデなのに、素材に変化をつけて立体感のあるスタイルに

DAY5.個性あふれるスタイルのポイントは、ヴィンテージの開襟シャツ!@LONDON

No image

name = Heddaさん

Service industry

お気に入りのヴィンテージショップで買ったばかりの開襟シャツ。今日はちょっぴり肌寒いけれど、どうしてもすぐに着たくてジャケットをレイヤード。「早く1枚で着たいのに! 」と言いながらも、新しく買った服に身を包んだ彼女の表情はとっても嬉しそう。シャツの花柄、トートバッグのプリント、ソックスのライン……白を基調とした着こなしに散りばめたテイストの異なる個性が共鳴して、軽やかでモダンなモノトーンスタイルを構成する。

▶︎個性あふれるスタイルのポイントは、ヴィンテージの開襟シャツ!

DAY6.お手本にしたい!アースカラーのグラデーションコーデ@PARIS

No image

name = Kristin Johusenさん

Marketing

ベージュ、ブラウン、オレンジを重ねて、重ねて。きれいなグラデーションをつくることで、立体感が生まれてお洒落。植物を育てることが好きな彼女は、自然とファッションもアースカラーを取り入れることが多いのだ。

▶︎お手本にしたい!アースカラーのグラデーションコーデ

DAY7.ベリーショートと花柄ワンピースの甘辛ミックスコーデ@LONDON

No image

name = Isabelさん

Student

男の子みたいなショートヘアがトレードマークの彼女。一見ボーイッシュに見られがちだけれど、実はガーリーなものが大好きで、今日みたいな花柄やワンピースがまさにスタンダードだ。1年前に思い切って髪をばっさり切ったら、ただ甘いだけじゃない絶妙バランスが生まれて、もっとお洒落を楽しめるようになったのだそう。選ぶ帽子次第で印象ががらりと変わるのもお気に入り。友達にも大好評のこのベリーショートヘアは、まだまだ継続予定。

▶︎ベリーショートと花柄ワンピースの甘辛ミックスコーデ

編集部のおすすめ記事もチェック!

▶︎オン・オフ活躍の《前髪なし×お団子スタイル》やり方をレクチャー|簡単に可愛くキマるスタイルをどうぞ

▶︎日々を楽しく彩る雑貨や古道具、お花たち。 人気記事ランキング TOP5【7/18〜7/24】

▶︎20年分のFUDGEを楽しめる! Rakuten Fashion Week TOKYO 2023S/Sとのコラボ企画

MatsukawaAsuka

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加