環境にもお財布にも優しく♪暖房の効きを上げるための工夫

環境にもお財布にも優しく♪暖房の効きを上げるための工夫

  • RoomClip mag
  • 更新日:2022/01/14

寒い季節でもおうちで快適に過ごすためには、暖房を利用することが欠かせませんね。とはいっても、その影響でどうしても光熱費が高くなってしまうのが気になるもの……。そこでRoomClipのユーザーさん実例から、暖房の効きをよくするための工夫をまとめました。

床暖房・ホットカーペットに

床を温めてくれる暖房は、おうちでも長い期間使うことが多いものですね。断熱してくれるシートを敷くなど、少しでもムダを減らせるような工夫を取り入れてみましょう。まずは、床暖房とホットカーペットについての実例からご紹介します。

暖房に合わせて模様替えする

No image

撮影:juliskaさん

床暖房のあるお部屋に住んでいるという、juliskaさんです。最大限に効かせるために、ソファーを移動させて床暖房がある場所をオープンにしています。暖房の位置に合わせた模様替えで、ムダなく利用できるよう工夫をされていますね。

断熱シート付きを選ぶ

No image

撮影:yocchanさん

yocchanさんは、ホットカーペットの下に断熱シートを敷いています。楽天で購入した商品で、断熱シート、ホットカーペット、フランネルラグマットが三点セットになった物だそう。グレーでコーディネートされていて、コタツ周りをスッキリとした印象にできています。

アルミシートを下に敷く

No image

撮影:Shinohazuさん

カインズでお気に入りのラグをゲットしたという、Shinohazuさんです。床の断熱を考えて、ラグ・ホットカーペット・アルミシートの三重構造で敷いて使っています。幾何学模様のラグが、ブラウンインテリアのアクセントになっていますね。

開口部からの冷気対策を

いつもなら気にならないところが、冬は冷気が入って来る原因となってしまうことも。カーテンを設置して仕切るなど、おうちの間取りに合わせた工夫が役に立ってくれますよ。続いて、開口部などからの冷気対策についての実例をご紹介します。

階段にカーテンを付ける

No image

撮影:mokocoさん

リビング階段の冷気対策にカーテンを付けている、mokocoさんです。キャンドゥの暖冷カーテンを、つっぱり棒に吊るして設置しています。ふわっと動いてしまう対策として、下の方をマグネットシートで挟んで重りにする工夫もされていますよ。

カーテンで吹き抜けをふさぐ

No image

撮影:Omochiさん

Omochiさんは、吹き抜けの寒さ対策としてカーテンを取り付けています。IKEAのレースカーテンをつっぱり棒で設置して、冷気を遮断するようにしてあります。二枚を横に並べてゆったり付ける工夫で、キレイなドレープを出すことができていますね。

お部屋をカーテンで間仕切る

No image

撮影:Ayanoさん

Ayanoさんは、長細い形をしているというLDKのお部屋を間仕切っています。山善のつっぱりカーテンレールを設置し、IKEAのカーテンを吊るして使っています。「あまりに寒かった」というお部屋での、暖房効果が全然違うとのことですよ。

隣のお部屋への扉を閉める

No image

撮影:pineappleさん

お部屋の使い方の工夫で、暖房を効かせやすくできることもあります。pineappleさんは、朝と夜には和室の扉を閉めて暖房効率をアップさせています。生活の中のちょっとした習慣で、省エネ&節約にかしこくつなげられていますね。

空気循環で全体を温める

お部屋全体の空気を循環させるのも、暖房の効率を上げることにつながりますね。サーキュレーターなどを、おうちの暮らしに合わせて取り入れてみるのもおすすめです。最後に、空気の循環で暖房の効きをよくさせているユーザーさん実例をご紹介します。

シーリングファンを回す

No image

撮影:mariさん

リビングのシーリングファンライトがお気に入りだという、mariさんです。暖房も冷房も、ファンを回すとお部屋で全体的に効いてくれるのだそうです。コロンとしたフォルムのデザインは、インテリアのかわいいワンポイントにもなっています。

サーキュレーターを使う

No image

撮影:blueberryさん

朝と夕方の暖房にエアコンをつけるという、blueberryさんです。暖房効率をアップさせるため、サーキュレーターを年中使っているとのことです。シンプルな物を選んでいるので、ずっとお部屋にあってもインテリアの邪魔にならないですね。

冬も扇風機を活用する

No image

撮影:puriyuzuさん

puriyuzuさんは、リビングの空気の循環に扇風機を活用しています。お部屋の中央あたりに置いて、エアコンの風が回るようにしているのだそうです。目からウロコのアイデアには、扇風機を片付ける手間と収納場所が不要というメリットもありますよ。

ユーザーさんたちは、それぞれ工夫して暖房の効率をアップさせていましたね。冷気対策や断熱の仕方なども、とても参考になりました。みなさんのおうちの暮らしにも、ぜひ取り入れてみてくださいね。

執筆:kuroneko

RoomClip mag

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加