鶴岡東、逆転勝ちで頂点 小林三邦が4失点で自身初完投

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2020/08/02

◇高校野球山形県大会・決勝 鶴岡東9―4東海大山形(2020年8月1日 荘内銀行・日新製薬スタジアムやまがた)

鶴岡東が逆転勝ちで頂点に立った。打線が13安打9得点を挙げると、投げては今大会初先発の小林三邦(3年)が自身初完投でチームを勝利に導いた。最大のピンチは3回無死満塁。「打たれても皆が取り返してくれると思っていた。打者が点を取ってくれたので落ち着いて投げられた」。投ゴロ併殺と遊ゴロで無失点で切り抜けた。

スライダーやカーブを主体に東海大山形打線を4失点に抑えた。内野手も兼ねる小林は「いけるところまでいこうと思っていた。結果的に最後まで投げられて良かった」と笑った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加