福井工大7年ぶり8強「ピンチで行くと言われていた」立石健が好救援で快勝

福井工大7年ぶり8強「ピンチで行くと言われていた」立石健が好救援で快勝

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/06/09
No image

福井工大対大商大 5回裏途中から2番手で登板した福井工大・立石(撮影・鈴木みどり)

<全日本大学選手権:福井工大4-1大商大>◇9日◇2回戦◇東京ドーム

福井工大の最速148キロ右腕の立石健投手(3年=大体大浪商)が好救援で14年以来、7年ぶりの8強に進出した。

5回、1点差に迫られ、2死一、二塁で登板し、空振り三振の火消しだ。この日は140キロ台後半の速球を生かして4回1/3を無安打に封じ、8奪三振無失点。「ピンチで行くと言われていた。準備はしていました」。チームのエースだが、4月に膝の半月板損傷で長期離脱。大仕事で快勝の立役者になった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加