バス・タクシーのバリアフリー化、進捗進むも目標は未達 2020年度末

バス・タクシーのバリアフリー化、進捗進むも目標は未達 2020年度末

  • レスポンス
  • 更新日:2022/01/18
No image

(イメージ)

もっと画像を見る

国土交通省は1月11日、2020年度末(2021年3月末)の乗合バスでノンステップバス導入比率が前年度から2.6ポイントアップして63.8%になるなど、バリアフリー化が進展していると発表した。

自動車会議所の第1回「クルマ・社会・パートナーシップ大賞」に茨城・境町の自動運転バス事業

国土交通省でが2020年度末における乗合バス車両、貸切バス車両、バスターミナル、福祉タクシー車両の移動等円滑化実績等報告書をとりまとめた。

乗合バスのノンステップバス車両数は2万9489台となった。バリアフリー基本方針では適用除外車両を除いた乗合バス5万台のうち、7割に相当する3万5000台を2020年度末までにノンステップバスにするとされており、目標を下回った。乗合バスのリフト付きバスまたはスロープ付きバスは674台だった。

2020年度末までに約2100台を目標としていた貸切バスのノンステップバス、リフト付きバスの導入台数は前年度末から894台増えて1975台で、大幅に増えたものの、目標を下回っている。

また、バスターミナル全体に占める段差解消施設数は83カ所で、総施設数の割合は前年度末から3.6ポイントアップして65.4%となった。

ユニバーサルデザインタクシーを含む福祉タクシーの導入状況は前年度から4400台増えて4万1464台となった。2020年度末までに約4万4000台導入の目標を下回っている。

日本列島八方ふさがり...トンガ沖噴火で津波警報、コロナ感染は7府県で過去最多[新聞ウォッチ]

【ついに来たぞ改正道交法】ドライバーから見えにくい位置に警察官は立つ

レスポンス編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加