「町の活気を取り戻したい...」3年連続中止の“大名行列”を地元中学生たちが再現 愛知・豊橋市 二川宿

「町の活気を取り戻したい...」3年連続中止の“大名行列”を地元中学生たちが再現 愛知・豊橋市 二川宿

  • CBC news
  • 更新日:2022/11/25

中学生が法被や着物を着て大名行列

愛知県豊橋市の二川(ふたがわ)中学校では、教室で恐る恐る自分の顔に太めの眉とひげを描く生徒の姿が。

【写真を見る】「町の活気を取り戻したい…」3年連続中止の“大名行列”を地元中学生たちが再現 愛知・豊橋市 二川宿

二川宿本陣資料館で、江戸時代の「大名行列」の再現です。

女子生徒は着物を着て「手踊り」を。男子生徒は法被をまとって「奴(やっこ)踊り」を披露しました。

地元では毎年11月に吉田城の城主、松平伊豆守(まつだいらいずのかみ)の大名行列を大人たちが再現する「二川宿本陣まつり」が行われていましたが、新型コロナの影響でことしも含め、3年連続中止に。

そこで、毎年まつりに学年行事として参加していた2年生の生徒らが、「町の活気をなんとか取り戻したい」と“ミニ本陣まつり”と題して大名行列を再現したのです。

(参加した生徒)
「踊りをアレンジして作ったので難しかった」
「中学生だけで運営して、ここまでやった事例はないということで誇りに思う」

生徒たちは「来年こそは本物のまつりに参加したい」と威勢のいい大名行列を披露しました。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加