乾貴士&武藤嘉紀が同時先発のエイバル、オサスナとスコアレスドロー

乾貴士&武藤嘉紀が同時先発のエイバル、オサスナとスコアレスドロー

  • サッカーキング
  • 更新日:2020/10/18
No image

エイバルとオサスナが対戦した [写真]=Getty Images

リーガ・エスパニョーラ第6節が18日に行われ、MF乾貴士とFW武藤嘉紀が所属するエイバルは、オサスナと対戦した。前節負傷交代し状態が心配された乾は、無事先発に復帰。3試合連続で武藤と揃ってスタメン入りを果たした。

21分、武藤の落としを回収した乾がエリア内まで運んで左足でフィニッシュを放ったが、これは相手GKの正面。24分には、乾が左サイドで相手2人をかわしてカットインからのシュートを狙ったが、これも相手GKに阻まれる。前半はお互いに点が生まれず、スコアレスで折り返した。

武藤はシュートを記録することなく、55分にセルジ・エンリクとの交代でピッチを後にした。乾は70分までプレーし、新加入ブライアン・ヒルとの交代でベンチに下がった。

オサスナは89分に退場者を出し、エイバルは数的有利となったが、アドバンテージを生かせず。試合は両者に得点が生まれることのないまま終了した。次節、エイバルは24日にアウェイでセビージャと、オサスナは同日にホームでアスレティック・ビルバオと対戦する。

【スコア】
エイバル 0-0 オサスナ

サッカーキング

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加