「え、野宿ですか?いやマジなんなの」利用客が緊迫ツイート 熊本電鉄「トイレ閉じ込め騒動」一部始終

「え、野宿ですか?いやマジなんなの」利用客が緊迫ツイート 熊本電鉄「トイレ閉じ込め騒動」一部始終

  • J-CASTニュース
  • 更新日:2020/10/17

熊本電気鉄道は2020年10月17日、駅構内に客が残っていたにもかかわらず、シャッターを下ろして閉じ込める事案が発生したと発表し、「ご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます」と謝罪した。

No image

客本人が"実況"ツイート

発表によれば、騒動は藤崎宮前駅(熊本市中央区)で16日に起きた。営業終了後の23時30分ごろ、駅構内のトイレ内に客が残っていたが、正面玄関のシャッターを下ろして出られなくしてしまった。

同社が駅関係者に確認したところ、23時発の最終列車が出発する前にトイレを見回りし、客がいたため声がけをした。しかし、出発後にシャッターを下ろす際、この客の確認を怠ってしまった。

騒動をめぐっては、男子学生を名乗る客本人がツイッターで助けを求め、注目を集めていた。

男性は23時30分にシャッターを目の前にした写真とともに「駅に完全に閉じ込められたんだけど。腹痛でトイレ入ってたら『閉めるから出ろ』ってめっちゃガチャガチャされたから『少し待ってください』って言ったらこれだよ。どうなってんのまじ」と事情を説明し、「フェンス乗り越えて出るしかないが。立ち入り禁止に入らんと出れんが」と困り果てていた。

それから6分後、シャッターを手で開けようと試みる場面も動画で投稿。シャッターはびくともせず、「え、野宿ですか?いやマジなんなの」と不安を漏らし、リプライ(返信)欄には心配する声が相次いだ。

23時53分の投稿では、保護者に連絡をして脱出できる場所を探してもらうとし、それでも無理なら警察を呼ぶと報告した。

「めっちゃ心細くって寒くて死にそうで...」

それからしばらく更新が止まり、日をまたいだ0時22分に「出れた!出れた出れた!これで帰れる!!!」と泣き顔の絵文字とともに感無量の様子で伝え、「色々ツイートしたけど、ほんとめっちゃ心細くって寒くて死にそうで、精神的消耗が激しかったです。皆くれぐれも気をつけて。。。」と呼びかけた。

男性は「(トイレに確認にきた駅関係者は)僕がトイレ出た時鍵の施錠してたんですよ、目も合いまして。さすがにまだ出れるようにしてあるんだろうなと思って向かったらシャッター閉まってたんですね。急いでおじさんのとこ戻ったら既に居なくって。これ故意に閉じ込められたってことですよね。軟禁ですよね」とも言及し、熊本電鉄に抗議する意向だ。

同社は発表で、原因について「確認不足でこのような事案が発生いたしました」と説明し、「今後は、従業員並びに業務委託先を含めて営業終了後の見回り確認ルールを徹底し、再発防止に努めて参ります」とコメントしている。

藤崎宮前駅に完全に閉じ込められたんだけど。
腹痛でトイレ入ってたら「閉めるから出ろ」ってめっちゃガチャガチャされたから「少し待ってください」って言ったらこれだよ。どうなってんのまじ。 pic.twitter.com/Wylq14nTUQ
— ねこすけ・べ! (@r_h_7270cc)
October 16, 2020
from Twitter

J-CASTニュース

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加