崎陽軒 歌丸師匠が愛した炒飯弁当販売 6月24日から公式サイトで予約スタート〈横浜市中区・横浜市西区〉

崎陽軒 歌丸師匠が愛した炒飯弁当販売 6月24日から公式サイトで予約スタート〈横浜市中区・横浜市西区〉

  • タウンニュース
  • 更新日:2022/06/23

崎陽軒では、桂歌丸一門とのコラボレーション企画として、7月2日(土)の1日限定で「桂歌丸さんの愛した炒飯弁当2022」を店舗・数量限定で発売する。同社公式WEBサイトから事前予約した人のみ購入できる。

生前桂歌丸師匠は、崎陽軒創業110周年・シウマイ誕生90周年を記念したムック本「崎陽軒Walker」(2018年刊行)に登場し、崎陽軒のお弁当(炒飯)は「命の親」という言葉を残していた。同社ではその歌丸師匠の想いに感謝の気持ちをこめて、2018年に亡くなられて以降、命日である7月2日に師匠が愛した「炒飯」をメインとしたお弁当を販売している。

この特製仕様の炒飯弁当は、弟子の桂枝太郎師匠の証言をもとに「実はちょっと苦手だった」グリーンピースは炒飯に使用せず、代わりに海老をトッピング。林家木久扇師匠デザインのイラストが入った掛け紙や桂枝太郎師匠デザインの「桂歌丸ひょうちゃん」がお弁当の中に入っている。

「横浜の大衆芸能の振興にご尽力された桂歌丸師匠が皆様の記憶にいつまでも残るよう、このお弁当が少しでもお役に立てれば幸いです」と同社。

1日限定1,600個。価格は980円(税込)。6月24日(金)の午前10時から崎陽軒公式WEBサイトで予約開始。1会計につき1個までで、各日予定数に達し次第受付を終了。

受け渡し日は7月2日のみ。受け渡し店舗は市営地下鉄あざみ野駅店、崎陽軒本店ショップ、ジョイナステラス二俣川店、港北インター店、シァル桜木町店、伊勢佐木モール店、市営地下鉄戸塚駅店(予定)。

問い合わせは、株式会社崎陽軒お客様相談室フリーコール【フリーダイヤル】0120-882-380へ。

No image

炒飯(トッピング:海老3尾)、昔ながらのシウマイ 3個、鶏の唐揚げ 2個、塩焼きそば、筍煮、 紅生姜、桂歌丸ひょうちゃん

タウンニュース中区・西区版

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加