amazfitの最新スマートウォッチは、-30°Cの極寒環境でもちゃんと動く頼れるやつ

amazfitの最新スマートウォッチは、-30°Cの極寒環境でもちゃんと動く頼れるやつ

  • ギズモード・ジャパン
  • 更新日:2022/06/23
No image

Image:amazfit

中国のZepp Health Corporationが手がけるスマートウォッチブランド「amazfit(アマズフィット)」。スポーツやアクティヴィティに特化したきめ細かなデータ計測機能をアピールしており、プロアスリートにも人気の高いブランドです。なかでも「T-Rex」は早くからスポーツモデルとしてアピールしつつ、デザイン性の高さでも人気を集めてきたライン。

そのT-Rexがブラッシュアップされ、24日間連続使用できるタフネスモデル「T-Rex 2」としてリリースされます。

-30℃でも止まらないタフネス

このT-Rex 2、米軍が軍需品を制式採用するときの基準となるミルスペック準拠の15種類のテストに合格しています。時計ジャンルにおいてミルスペックを通過することはかなり厳しく、耐衝撃や温度、防塵など多くの基準をクリアしなくてはなりません。特に傑出しているのは-30℃の超低温でも動作すること。-30℃の環境では、普通のクォーツ時計だと電導性が悪くなって時刻が狂うし、機械式時計も油が固着して動かなくなったりします。高機能なのに超低温環境でも使えるって、見た目以上に設計のタフさが光りますね。しかもバッテリー持ちが24日間ということで、長期にわたる登山などでも十分活躍してくれそう。

位置計測はデュアルバンドと、GPSなど5つの衛星測位システムに対応しており、ナビゲーション機能も充実。150種目以上のスポーツに対応していて、心拍数や血中酸素、最大酸素摂取量、ストレスレベルなどを手軽に計測できます。収集したデータはもちろん専用アプリで管理可能です。

ゴツめのベゼルを備えたポリマー素材のケースも、いかにもタフそうでカッコいいですね。ケースサイズは47.1mmだから、この手のデザインとしては程良い大きさだと思います。カラーリングはアストロブラック&ゴールド、エンバーブラック、ワイルドグリーンの3種類から選べます。

価格は4万3780円で、発売は6月24日から。トレッキングや山登りが趣味だという人にはいい選択肢になりそうです。

中身はガチなのに美麗なルックス。Amazfitのスマートウォッチ「GTR 3 Pro」は運動習慣がない人こそ使いたい

Source:amazfit

巽英俊

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加