【速報】第5戦、日本一王手のヤクルト1点リードで5回終了 村上宗隆が勝ち越しソロ、先発・原樹理も好投【日本シリーズ2021】

【速報】第5戦、日本一王手のヤクルト1点リードで5回終了 村上宗隆が勝ち越しソロ、先発・原樹理も好投【日本シリーズ2021】

  • ベースボールチャンネル
  • 更新日:2021/11/25
No image

<SMBC日本シリーズ2021第5戦 オリックス ー ヤクルト>(25日、東京ドーム)

東京ヤクルトスワローズとオリックス・バファローズによる「SMBC日本シリーズ2021」第5戦(4戦先勝)が25日、ヤクルトの主催球場となる東京ドームで開催。

日本一に王手をかけているヤクルトは原樹理、後がないオリックスは山﨑福也が先発マウンド。初回の攻防は、原が内野ゴロ3つで終えると、一方の山﨑福も、ピンチを背負ったものの無失点で立ち上がった。

試合が動いたのは2回、ヤクルトは5番ドミンゴ・サンタナの四球、6番・中村悠平の安打にサンタナの好走塁もあって一、三塁のチャンス。続く7番ホセ・オスナの併殺打の間に三塁走者が生還し、1点を先制した。

中盤4回、1点ビハインドのオリックスも反撃を見せる。1番・福田周平の安打、盗塁失敗で一度はチャンスを逸したが、2死から3番・吉田正尚がライト線を破る二塁打。続く杉本裕太郎はセンター前へ運ぶと、二塁走者・吉田正が一気に本塁へ。クロスプレの末に生還し、同点に追いついた。

しかしヤクルトはその裏、先頭は4番・村上宗隆。村上は左腕の甘く入った速球を弾き返すと、打球はそのまま左中間スタンドへ。頼れる主砲のシリーズ2本目の本塁打ですぐさま勝ち越した。

その後も両先発が続投。試合は5回を終了し、2-1でヤクルト1点リードの展開となっている。

【試合速報】プロ野球日本シリーズ2021 オリックス対ヤクルト 第5戦 スタメン・試合経過・試合結果・出場成績情報一覧

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加