片桐仁、小林賢太郎氏との不適切ネタを謝罪「非常識な人間だったと思います」

片桐仁、小林賢太郎氏との不適切ネタを謝罪「非常識な人間だったと思います」

  • ORICON NEWS
  • 更新日:2021/07/23
No image

片桐仁 (C)ORICON NewS inc.

東京2020オリンピック開閉会式の「ショーディレクター」を解任された、元ラーメンズの小林賢太郎氏(48)の元相方である片桐仁(47)が22日、所属事務所のホームページ上で謝罪した。

【写真】”聖火ランナーユニフォーム”を着用した石原さとみ

小林氏は、ユダヤ人大虐殺(ホロコースト)をやゆした過去のコント映像などがSNSで拡散。日本時間22日には米ユダヤ人権団体「サイモン・ウィーゼンタール・センター」が非難声明を発表するなど騒動が拡大し、同日、ディレクターの任を解かれた。

コメントを寄せた小林氏は「小林賢太郎と申します。私は元コメディアンで、引退後の今はエンターテインメントに裏方として携わっています。かつて私が書いたコントのセリフの中に、不適切な表現があったというご指摘をいただきました。確かにご指摘のとおり、1998年に発売された若手芸人を紹介するビデオソフトの中で、私が書いたコントのセリフに、極めて不謹慎な表現が含まれていました」と過去の発言を認めた。

これを受け、片桐も所属事務所のサイトで「報道に関する片桐仁からのコメント
」と題して、自身の見解を発表。「この度は、23年前のラーメンズのコント内での極めて不適切なセリフにより、多くの方々に不快な思いをさせてしまい、深くお詫び申し上げます。当時、差別的な表現や不謹慎な言い回しに対する意識が低く、それによって不快な思いをする相手の方がいることを、想像出来ていませんでした。若気の至りとは言えない、非常識な人間だったと思います」とつづった。

■片桐仁の謝罪コメント全文
この度は、23年前のラーメンズのコント内での極めて不適切なセリフにより、多くの方々に不快な思いをさせてしまい、深くお詫び申し上げます。

当時、差別的な表現や不謹慎な言い回しに対する意識が低く、それによって不快な思いをする相手の方がいることを、想像出来ていませんでした。若気の至りとは言えない、非常識な人間だったと思います。

皆様のご指摘により、そのことに改めて気付かされ、事の重大さに気付かず、自分自身が演じてしまったことを反省しております。

今後、二度とこのようなことがないように、表現をする際には、一度立ち止まって考えることを心がけたいと思います。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加