オリックス・竹安が好投 中嶋監督も来季ローテ入り期待「順調にいけば」

オリックス・竹安が好投 中嶋監督も来季ローテ入り期待「順調にいけば」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/11/22
No image

フェニックスリーグ・ヤクルト戦に先発し六回までパーフェクトの好投を見せた竹安

「フェニックス・リーグ、オリックス2-1ヤクルト」(22日、SOKKENスタジアム)

オリックスの先発・竹安はシーズン中よりも右腕を下げたフォームを試した。

MAX149キロの速球を中心にスライダー、シュート、フォークを制球よくまとめ六回まで一人の走者も出さないパーフェクト投球。七回先頭の山崎に四球を与え、川端に安打を許したところで右手の豆がつぶれて降板となった。

結局、七回途中まで72球で1安打9奪三振1四球で1失点。

「今年1番ボールを操れたと思います。振りやすいところを探す中で腕を下げてみました。狙ったところに投げられました」

視察に訪れた中嶋聡新監督は「良かったですね。本来の投球だと思います。順調にいけば(先発ローテーションに)入って来る投手」と手応えを口にした。

竹安ももちろん目標はそこだ。

「1年間ケガなく、1軍のレベルで戦えるだけの投球をしないといけない。そのために心身のレベルアップをしていきたい」

竹安は今季2試合の登板で1勝0敗、防御率3・00だった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加