北越・阿部、新潟屈指の好投手が桜美林大に進学

北越・阿部、新潟屈指の好投手が桜美林大に進学

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/11/20
No image

桜美林大入学へ、夢をふくらます北越・阿部

新潟県高校野球界屈指の好打者と好投手が来春、首都大学リーグ1部の桜美林大に進学する。今夏の県独自大会で優勝した中越のスラッガーで前主将の広瀬航大内野手(3年)と、昨秋の県大会を制した北越の技巧派右腕・阿部柚士郎投手(3年)。ともに将来のプロ入りを目指して、4年間勝負する。

◇    ◇    ◇

阿部の顔つきは穏やかになった。主将としてチームを統率していた重責から解放された。進路も決まって明確な目標に一直線。桜美林大進学に備え、取り組んでいるのはパワーアップとスピードアップだ。引退前は80キロで繰り返していたスクワットは現在120キロ。卒業までには140キロまで持っていく計画だ。培ったパワーを瞬発力に変えるため、ハードルを使ったジャンプトレーニングも取り入れている。

横手投げのフォーム固めのため、タオルを使用したシャドーピッチングを1時間続ける時もある。「リリースの瞬間にどれだけ力を伝えられるかを考えている」。持ち味は多彩な変化球で打者のバットの芯を外す投球。最速137キロの直球に、カットボール、スプリット、シュート、シンカー、スライダー、カーブ、チェンジアップと“七色”の変化球で打者を幻惑する。「打者が何を投げているのか分からない」というのが投球の理想型だ。

県大会を制覇した昨秋は準々決勝(2-0長岡工)と準決勝(1-0加茂暁星)で18回無失点投球をマークした。先発完投型ながら「中継ぎでも、抑えでも全力でやりたい」と言う。大学では中高の保健体育教員免許を取得するつもり。第1志望はプロ入りも「最終的には北越に戻って野球の指導者になりたい」。来春からの大学生活は夢を大きく広げる。【涌井幹雄】

◆阿部柚士郎(あべ・ゆうしろう)2002年(平14)4月18日生まれ、新潟市出身。野球は鳥屋野小1年から鳥屋野ペガサスで始める。投手には小4から。小中高を通じエース。高校では1年秋に背番号11でベンチ入り。今夏は準々決勝で敗退。173センチ、68キロ。右投げ左打ち。

◆桜美林大野球部 1978年(昭53)に準硬式として創部し、09年から硬式の首都大学連盟に加盟。16年に1部秋季リーグで初優勝。同年の明治神宮大会準優勝。今秋リーグ戦は1部5位。現在、県関係では斎藤直弥・学生コーチ(4年、新津)、倉川悟外野手(3年、日本文理)、山本雅樹投手(2年、中越)が在籍する。OBには現役ではロッテ佐々木千隼投手(26)、西武山野辺翔内野手(26)がいる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加