スアレス、バルサ上層部を再び告発「本当に腹が立ったこと」を告白

スアレス、バルサ上層部を再び告発「本当に腹が立ったこと」を告白

  • SPORT|スポルト
  • 更新日:2021/02/23
No image

ルイス・スアレス

ルイス・スアレスがジョゼップ・マリア・バルトメウの取締役会に対して告発に戻ってきた。アトレティコ・マドリーで素晴らしいシーズンを送っているウルグアイ人ストライカーは、FCバルセロナに不条理な形で追い出されたことを振り返っている。

メッシ対スアレス 親友同士の激しいバトル

「本当に腹が立ったのは、年を取ったと言われたことと、素晴らしいチームで最高レベルのプレーができなくなったこと。これは僕を大いに動揺させた」と彼は『France Football』のインタビューで語った。

「契約があるにもかかわらず、僕のことを考慮してくれなかった。もう僕を必要としていないんだと、リスペクトを感じられなかった。バルセロナで何も見せていなければ理解していただろうが、僕は1シーズンに20ゴール以上を記録し、常にレオ・メッシに次ぐ良い統計を取っていた。バルサとの契約中の多くで期待に応えられたと思う、一定のレベルで期待されていたことをやった」と、アトレティコのシャツですでに16ゴールを達成しているアタッカーは語った。

これらの理由からスアレスは退団することになった。​ディエゴ・シメオネによってコーチングされたチームは、ワンダ・メトロポリターノに着陸するために彼を「プッシュ」した。そして彼は「アトレティコ・マドリーのような野心的なクラブでエリートとして価値を示したかった」と移籍の決め手を語った。

「パンデミックの真っ只中に6年間で愛着もあったバルセロナを離れることは辛かった。子どもたちに“友達との別れ”を伝えるのが難しかった」と心境を告白している。

『France Football』のインタビューでスアレスは、自分のベストを発揮するのに役立ったのはメンタルの強さだと述べている。「困難な状況を好転させるための手段を持っていた。強くなることはとても重要なことなんだ」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加