6千メートルを超えると操縦かんを引いても、プスプスと音がするだけ 言葉を刻む(86)

6千メートルを超えると操縦かんを引いても、プスプスと音がするだけ 言葉を刻む(86)

  • 西日本新聞
  • 更新日:2020/09/17
No image

6千メートルを超えると操縦かんを引いても、プスプスと音がするだけ。上昇しなかった

(長崎市、川原竹一さん)

東京・調布の陸軍飛行戦隊で首都防空に当たった。高度1万メートルで侵入する米爆撃機B29に対し、性能面で劣る飛燕など陸軍の戦闘機では、なすすべがなかった。日本軍は機関砲などを機体から外し、軽量化することで技術力の差を埋めようとした。飛行技術が未熟で実戦での搭乗を許されなかった川原さんは、B29目がけて体当たりを敢行する隊長たちの姿を地上から見守った。2012年、84歳の時に取材に語った。

◇   ◇

西日本新聞は戦後75年の節目を多角的に伝えていきます。戦争世代にしか語れない証言、後世に残したい手記、保管している資料などの情報を以下の要領でお寄せください。内容に応じて、記者が問い合わせや取材を行います。

住所、氏名、年齢、連絡先を明記し、手紙かファクス=092(711)5110、無料通信アプリLINE(ライン)で「あなたの特命取材班」へ。

【宛先】〒810-8721(住所不要)西日本新聞 あなたの特命取材班

西日本新聞

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加