【速報】2年ぶりの優勝を目指すマレー、カラツェフに第1セットを奪われる[ATP250 シドニー]

【速報】2年ぶりの優勝を目指すマレー、カラツェフに第1セットを奪われる[ATP250 シドニー]

  • WOWOWテニスワールド
  • 更新日:2022/01/20
No image

15日、「ATP250 シドニー」(オーストラリア・シドニー/1月10日~1月15日/ハードコート)決勝でワイルドカード(主催者推薦枠)により出場の元世界王者アンディ・マレー(イギリス)と第1シードのアスラン・カラツェフ(ロシア)が対戦。カラツェフが第1セットを6-3で取った。

マレーは第2シードのニコラス・バシラシビリ(ジョージア)や第4シードのライリー・オペルカ(アメリカ)を破っての決勝進出。股関節の怪我に長らく苦しんだ彼にとっては、2019年10月に優勝した「ATP250 アントワープ」以来の決勝進出となる。対するカラツェフは、準決勝で第3シードのダニエル・エバンズ(イギリス)に勝利。2021年の「全豪オープン」で予選からベスト4まで勝ち進んだことで一躍注目を浴びたカラツェフは、同年の「ATP500 ドバイ」と「ATP250 モスクワ」で優勝している。

試合は開始早々に動く。第1セットはマレーのサーブから始まったが、カラツェフが3度のブレークチャンスの末に取った。カラツェフは第2ゲームをラブゲームでキープし、2-0とする。その後マレーも1ブレークダウンのまま食らいついていくが、なかなかチャンスを作れない。

第2ゲーム以降はお互いにブレークチャンスのないままサービスゲームをキープしていたが、カラツェフの5-3で迎えた第9ゲームでブレークチャンスが訪れる。マレーのセカンドサーブを狙ってリターンエースを決めたカラツェフがセットポイント。最後はマレーのダブルフォールトで、カラツェフが第1セットを取っている。

試合は2セットを先取した方が勝利の3セットマッチ。現在第2セットに進んでいる。

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は「ATP250 シドニー」決勝でのマレー
(Photo by Jason McCawley/Getty Images)

WOWOWテニスワールド編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加