父親を亡くしたトッティ氏がインスタ更新「会うことも、話すこともできなかった...」

父親を亡くしたトッティ氏がインスタ更新「会うことも、話すこともできなかった...」

  • サッカーキング
  • 更新日:2020/10/16
No image

父親のエンツォ氏を亡くしたトッティ氏が、自身のインスタグラムを更新 [写真]=Getty Images

12日に父親のエンツォ・トッティ氏を76歳で亡くしたフランチェスコ・トッティ氏が、15日に自身のインスタグラムを更新。最愛の父に対してのメッセージを綴った。

エンツォ氏は、新型コロナウイルスに感染してローマのスパランツァーニ病院に入院し、集中治療室で治療を受けていた。エンツォ氏の死後にインスタグラムを更新したトッティ氏は、苦しい胸の内を明かした。

「やあ、父さん。この10日間は、僕の人生で最悪のものだったよ。父さんが“一人で”病気と戦っていたのに、会うことも、話すことも、抱きしめることもできなかった。父さんの傍にいるためだったら、何でもしたのにね」

「僕の人生は変わってしまったよ。父さんは、大切な価値観のもとに僕を育ててくれたね。だからこそ、今まで父さんがしてくれたすべてのことに、僕を強く勇敢な男にしてくれたことに、感謝をしたいんだ。僕はいつまでも、父さんを愛しているよ」

「父さんの声が聞きたい。笑い声が恋しい。笑顔が恋しい。目が恋しい。ソファでテレビを見ている姿が恋しい。悔しさと感謝の気持ちでいっぱいだよ…」と綴られた文面からは、突如父親を失ったトッティ氏の、やり場のない気持ちがあふれていた。

サッカーキング

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加