ブリ生産量日本一の町!「長島大陸冬のごちそうフェア」東京・日本橋で開催

ブリ生産量日本一の町!「長島大陸冬のごちそうフェア」東京・日本橋で開催

  • STRAIGHT PRESS
  • 更新日:2020/11/21
No image

東京・日本橋の全国離島のアンテナショップ「離島百貨店」にて、「鹿児島県長島町フェア」が11月20日(金)〜29日(日)の期間に開催される。温州みかんの無料配布や振る舞い酒などのイベントが行われる。

ブリの生産量日本一&温州みかんの発祥の地

No image

「長島町」は鹿児島県最北部にある出水市の北西に位置し、熊本県天草市に隣接した長島本島・伊唐島・諸浦島・獅子島の4島からなる町。獅子島以外の島は橋でつながっていて、長島と本土の間には黒之瀬戸大橋がかかり、車で本土との往来ができる。

No image

魚介類の養殖が有名な長島町。ブリの生産量は市町村別日本一で、鹿児島県のブリの水揚げ量が年間約3万トンあるなか、長島町はその約1/3、約1万2千トンもの水揚げ量を誇る。漁場に恵まれ、質の良いアオサ・マダイ・アラカブなどさまざまな海の幸が水揚げされるという。

No image

また、発祥の地でもある温州みかんや、紅甘夏、不知火などの柑橘類の栽培も盛んだ。

近年では、町内に高校がない代わりに町ぐるみで若者を育てる「ぶり奨学金プログラム」をはじめ、オンライン制高校と連携した教育拠点が開設されるなど、教育分野でも注目が集まっている。

そんな長島町にコロナ禍で訪れる人が減ったため、都内で同町の食を楽しみ、魅力に触れてもらいたいという想いから、今回長島町フェアが開催されることとなった。

ブリなど長島町の特産品が勢揃い

同フェアでは、長島町の食材をふんだんに使用した食事を楽しむことができる。

No image

ブリのお造り2種盛り合わせにブリのあら炊きをメインに小鉢、サラダ、長島町の郷土菓子”赤巻き”をデザートに添えた週末限定の「長島大陸御膳」、

No image

長島町のブランドブリ「鰤王」を豪快に食べる「鰤王漬け丼」や「ブリカツ」などを用意。

No image

夜は鰤王をしゃぶしゃぶや刺身などで贅沢に楽しむことも可能だ。

No image

また特設コーナーでは、海の幸や柑橘類などを中心とした長島の特産品も購入できる。

土日には限定イベントを開催

11月21日(土)・22日(日)には、長島町の人々による特産の温州みかんの無料配布、地元でしか買えない銘酒「島娘」の振る舞い酒が実施されるほか、22日(日)のみ長島町の生産者をむかえてのトークショーが開催される。

トークショーでは長島町・獅子島の暮らしや仕事のことなどについて、Uターンして活躍する生産者から直接話を聞くことができる。参加には事前予約が必要。なお同イベントは新型コロナウイルス感染症対策に厳重な注意を払い、密な環境を避けたテラス席で行われる。オンライン配信も実施するので、来場できない人はこちらもチェックしてみて。

■「離島百貨店」
住所:東京都中央区日本橋室町2-4-3 日本橋室町野村ビルB1F

yamamoto

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加